GO! GO! 嵐山 3

嵐山ふるさと塾・チーム嵐山

郷土の和算学者 内田往延

和算学者として活躍

 往延(ゆきのぶ)は本名を内田祐五郎といい、天保14年(1843)3月23日に、杉山村字川袋で内田嘉右衛門の次男として生まれた。それは江戸時代の末期で、幕府滅亡の25年前の頃であった。往延はやがて熊谷の利根木与衛門(格(かく)斎(さい))のもとで関流(せきりゅう)の和算(わさん)を学んだ。

 和算というのは、中国から伝わった数学をもとに江戸時代に日本独自に発達した数学のことであるが、幕末から明治にかけてアメリカやヨーロッパから伝えられた数学(洋算)と区別して後に和算といわれるようになった。この和算を確立した学者が群馬の藤岡で生まれた関孝和(せきたかかず)である。彼の生年は寛永17年(1640)頃、没年は1708年であるから、江戸時代の前半期に活躍人であるが、その数学の水準は世界的なレベルであった。

 往延は、この関孝和の流れを受け継ぐ戸根木のもとで学んでから、さらにその師であった群馬の剣持章行のもとで暦数(れきすう)も究(きわ)めた。そして明治政府が財政の基礎を築くために明治6年(1873)に地租改正条例を公布して、土地の調査を始めると、多くの和算学者が測量(そくりょう)に従事したが、内田往延も特別編輯総図(とくべつへんしゅうそうず)と杉山村検地担当人に選ばれ、正確な測量を行なったといわれている。往延は明治17年に志賀の根岸彦九郎の跡継ぎになり、近郷の子弟の教育にあたった。

岩殿観音正法寺に算額を奉納

内田往延は、明治11年(1878)に東松山市岩殿の岩殿山正法寺(しょうぼうじ)(真言宗)に算額(さんがく)を奉納している。正法寺は、坂東(ばんどう)三十三所第10番札所の岩殿観音として知られる比企地方の名刹(めいさつ)である。奉納したのは33歳のころという。算額には、二つの図形の下に、それぞれの問題と解法が記されている。この額は昭和49年7月10日に東松山市の指定文化財になっている。

 算額は神社や寺院に奉納される絵馬の一種で、数学上の新しい定理などを発見したことを神仏の加護(かご)によるものとして額に記して掲げたものという。やがて数学の難問(なんもん)を解いたときなどに、その問題と解法を書いて奉納するようになった。算額は関東と東北地方に多いが、埼玉県は現存する算額が全国で一番多いという。

写真 岩殿観音にある内田往延の奉納額

内田往延の頌徳碑

 1933年(昭和8)に、往延に学んだ門弟たちが師の頌徳碑(しょうとくひ)「内田往延先生之碑」を建立した。碑は滑川町月輪(つきのわ)の根岸啓男家の庭の入り口に立っている。根岸啓男氏の祖父根岸文助は内田往延の高弟であった。碑の表面には、幾何の図形とその図についての問題と解法、そして内田往延先生之碑と刻まれている。

          

           

          (図形は「埼玉の算額」埼玉県立図書館より)

            問題 今有如図直内容大

                中半円及小円一個

                只云小円径若干得

                直長術問幾何

                答曰如左術

            解法 術曰置二個開平方

                  名天十六之加二十

                  四個開平方天三段

                   及加三個乗小径半

                 之得直長合問

           問題の読み方

                図のように長方形の中に大・中の半円と

                               小円1個が内接している。小円の直径が

                               あたえられたとき,直長の長さを求めよ。

           解法 (略)

           答え (略)

 碑の裏面には、碑の建立に賛同して資金を出した門弟102人の大字、氏名、金額が刻まれている。現在の地域で見ると、嵐山町43名(杉山14名、吉田2名、広野9名、越畑7名、勝田4名、太郎丸2名、菅谷1名、平沢1名、根岸1名、志賀1名、川島1名)、滑川町48名(月輪33名、羽尾7名、水房2名、福田1名、下唐子1名、唐子1名、神戸3名、伊古2名)、松山市2名(松山1名、野田1名)、大字名解読不能7名。

  これを見ると、門弟が嵐山町と滑川町にまたがり、広く存在していたことが分かる。

 次に嵐山町分を大字別に氏名を記す。

[杉山]?金子財助、伊藤重太郎、金子忠良、内田陽造、早川永吉、新井忠三、早川寅吉、伊藤亀吉、水島住太郎、同 忠三、同 市太郎、同 久作、内田千代松、金子喜代造、

[吉田]小林喜太郎、小林国三郎

[広野]内田金三郎、井上万吉、権田畠太郎、同冨五郎、同 徳治、栗原佐三郎、同 重太、同 平吉、同 権造、

[越畑] 船戸平左エ門、田島滝蔵、同 竜吉、青木五三郎、同 平馬、強瀬埼三郎、市川鉄次郎、

[勝田]?杉田忠五郎、田中億次郎、田幡信次郎、同 喜一郎

[太郎丸] 中村茂十郎、大沢賢司

[菅谷] 山岸章祐

[平沢] 内田傳兵衛

[根岸] 小澤與四郎

[志賀] 根岸勝蔵

[川島] 島崎和一郎

 和算のその後であるが、明治政府が明治5年(1872)に学制を定めて近代的な義務教育を始めたときに、学校で学ぶ数学として西洋の数学を採用することにしたため、江戸時代から培(つちか)われてきた和算は次第に衰退していった。

Latitude : 36.046932
Longitude : 139.345508

大正期、比企郡と嵐山町の小作争議

1 第一次世界大戦後の農村

 大正3(1914)年に第一次世界大戦が始まると日本の輸出は急増して、日本経済は空前の好景気を迎えた。米麦価額の高騰で地主や自作農は利益を得たが、民衆の生活は困窮して大正7(1918)年には米騒動が全国的に起こった。大戦が終わると間もなく戦争景気も終わって大正9(1920)年には農産物価が下落し、農村を不景気が襲った。

 当時の小作農民にとって、地主に払う小作料の重さは江戸時代の百姓時代とかわらないものであった。その上、大正4(1915)年に始まった「米穀検査制度」は、地主にとっては品質を保つのには役立ったが、小作農民にとっては検査を受けるための労力が加わり、非常な負担になった。ついに大正9年に埼玉県で小作争議が7件発生し、翌大正10年には74件と爆発的に増加した。この年、比企郡でも小作争議が郡内に起こった。

2 比企と嵐山町域の小作争議

 大正10(1921)年12月17日付けで、穀物検査所松山支所長から穀物検査所長宛に出された内報文書には,比企地域4町村の「農争状況」が記されている。その中で一番状況の厳しい小見野村(現川島村)については、同年12月23日付で比企郡長が直接県知事宛に内申書を出して状況を報告している。

 「小見野村小作人約四百名ハ本月初旬以来小作料軽減方ニ付寄々協議ヲ遂ゲ、各字二、三名の総代ヲ選ヒ、本月七日村長ニ面談シ小作料二割(大字加胡、松永、下小見野ハ四割)ヲ減額セラルル様村内地主ト交渉セラレ度旨申出有之、村長ハ地主ヲ招致シ両三回協議シタルモ其意見一致ヲ見ズ今日ニ至リ候」とのべ、郡長としても解決に努力しているがまとまらず、小作人側は地主が承諾するまで納税を差し控えるという状況。さらに郡書記を派遣して納税を説得し、目下地主の中の名望あるものが協定中と、緊迫した状況を報告している。ここは北に荒川、西は市ノ川を控える低地なので水害がひどかった。まさに大正10年12月の押し迫った時期に、村をあげての小作争議に発展していったのである。この頃、小作争議は比企郡全域に拡大していた。

 しかし年の明けた大正11(1922)年1月18日付けの穀物検査所松山支所長から穀物検査所長宛報告には、管内における「農争状況」は1月6日に全部円満解決したと記され、郡内小作争議の解決状況を記した「別紙」が付けられている。それによると、小作争議の起こった郡内町村の数は28か町村、大字数では57に及んでいる。要求は大字ごとにまとめられている。そこには「平年ニ於ケル平均反収」「本年ノ平均反収」「小作料」「小作人の軽減要求状況」「地主対小作人間ニ妥協解決ノ状況」「奨励米給与状況」が書き込まれ、「備考」には妥結方法が簡潔に記されている。比企郡内の小作争議の全体像がよく分かる。

3 嵐山町域の小作争議

 この解決状況の「別紙」から嵐山町域の状況を見てみよう。

別紙

地区

平年平均反収

本年平均反収

小作料

小作人の小作料軽減要求状況

地主対小作人間の妥協解決状況

備考

七郷村古里

2石

1石6斗

8斗〜1石

1割5分引 

7分引

小作人団結地主ニ折衝シ解決ス。奨励米は従前同様

七郷村吉田

2石

1石6斗

8斗〜1石

1割引

5分引

小作人団結地主ニ折衝シ解決ス。奨励米ハ従前同様。其他字ハ相互ニ解決ス。普通5分引

菅谷村鎌形

2石2斗

1石8斗

1石〜1石2斗

1割5分引〜2割引

1割引〜1割5分引

紛争ト云フ程度ナラス。小作人数人シテ地主に小作料軽減ヲ歎願セルモノナリ。奨励米ハ従前同様

菅谷村 大蔵

2石

1石6斗

1石〜1石2斗

大蔵外4字ハ別ニ小作料ハ軽減セス。従前ノ奨励米ヲ増給シ円満解決ス。甲5升・乙4升・丙上3升

                              ※菅谷村大倉は大蔵に訂正

 嵐山町域で、解決状況の「別紙」に記されているのはこの表の4大字だけである。

 古里の場合で見ると、平年の平均反別収穫は2石、ところが大正10年の平均収穫が1石6斗しかない。つまり平年の8割の収穫しかない。それなのに小作料は、平年どおりだと8斗〜1石。割合でいうと収穫の5割〜6.25割も小作料として納めなければならない。平年どおりの収穫があれば小作料はその4割〜5割のはずであった。

 実はこの平年どおりの小作料もきわめて重いものなのだ。江戸時代の百姓が4公6民とか5公5民という重い年貢を背負わされたといわれてきた。明治維新で新しい時代になったはずなのに、どこの地区でも農民の負担はほとんど変わっていないのだ。

 大正10年は不作だったため、そのままだとさらに重い負担になる。ついに古里の小作農民は団結して、地主に小作料1割5分引きの軽減要求を出し、両者の話し合いで約半分弱の7分引きで解決したのである。

 吉田の場合はほぼ同じ状況で、小作人が団結して地主と交渉して小作料1割引きを要求し、5分引きで解決した。 

 鎌形の場合は備考で書いてあるように、小作人が団結して行なうのではなく、数人で地主に歎願するという形であった。大倉(大蔵のこと)他4字は、小作料の軽減はなく、奨励米の増加で解決した。奨励米というのは、米穀検査制度が始まって地主にとっては品質が保たれて有利になるが、小作農にとっては労力負担になるので、地主が小作人に奨励米の名称で一定の米を交付した。例えば甲米1俵に米3升、乙米は2升と。

 比企郡ではこのように解決していったが、地域によっては小作人組合を結成、さらに日本農民組合に加入していった。こうした動きの中で小作農代表が村内で力を持ち、従来の地主中心の村政をかえ、村の民主化を促していったのである。

LINKS
記事検索
最新コメント
最新記事(画像付)
Categories
GO! GO! 嵐山
GO! GO! 嵐山 2
GO!GO!嵐山 4
里やまのくらしを記録する会
嵐山石造物調査会
武谷敏子の自分史ノート
嵐山町の古文書を読む会