富田・赤浜
P1140822webword
2010年12月11日 内田泰永さん撮影

A:ヤオヨシ男衾店、B:東武東上線男衾駅(富田)
C:メゾン ラ・クール(富田)
DSC03850
※男衾駅東地区水田地域

D:小被神社(おぶすまじんじゃ)(富田)
DSC03911

DSC03869

DSC03851

DSC03854
 →『神社探訪 狛犬見聞録・注連縄の豆知識』さんの「小被(おぶすま)神社
 →『延喜式神社の調査』さんの「小被神社

E:明神川(準用河川)
DSC03868

DSC03862

DSC03867
※明神川については、『株式会社 計画機構 寄居アトリエ 権田功』さんの「随想録 夢を形に」の記事「男衾駅周辺地区まちづくり協議会 水と緑のまちづくり−1」「同−2」(2009年1月31日)をご覧下さい。左記記事より引用:「男衾には、明神川や吉野川がある。昔は子供たちが水遊びをしていたという。現在は駅の南のところまではコンクリートブロックの三面護岸になってしまっているが、幸運なことに東地区水田地域の部分はまだ護岸工事がされないままになっている。素晴らしいことだ。この流れ、明神川をまちづくりに生かすべきだし、生かすことができれば、魅力あるせせらぎのある街にすることができる。ただ、今のままでは大雨の時に一部大水になってしまうということで、その改善が急がれている。そうした問題は解決しながら、将来のためになるような整備が必要だ。明神川を絶対に排水路にしてはいけない。」……「富田地区は寄居町の中でも人口増加率が一番高い地区だ。これまでも駅周辺の他、あちこちミニ開発された小さな住宅群が建ってている。それでも田舎なので、男衾駅周りでも今のところはまだ建物の建っていない敷地が多く残っている。ところが、このまま無秩序のままにしておくと、年がたつにつれて少しづつ開発されてしまい、好ましい街並みにはなるはずもない。これからのまちづくりには、行政と住民が協力してのルールとシステムづくりが不可欠である。」……「・これからのまちづくりは、サスティナブル・コミュニティ(永続可能なまち)を創造して行くことが重要であり、自然との共生が不可欠です。/・地域の持つ資源を生かし、自然豊かな、安全で快適な、人々が心豊かな生活を享受でき、住民が誇りを持って住めるまちに。/・景観条例(まちづくり協定)等のルールを定め、秩序有る美しい景観と快適に暮らすことのできるまちに。/・豊かな緑と美しいせせらぎの有る街に、それは街に潤いを与え、人の心を癒すと共に、生態系を豊かにします。/・豊かな緑やせせらぎは、火災時の延焼防止に役立つとともに、公共施設や広場と連続させて、万一の災害時の支援空間とします。/・道路は人車分離を原則として、歩行者専用道路(歩経路、緑道、遊歩道)、自転車道路を充実させ、安心して快適に歩け、自転車に乗れるまちに。/・道路は状況に応じて緩やかにカーブさせたり、車道は車のスピードを抑制する工夫をします。/・水と緑のネットワークと歩行者ネットワークをリンクさせ、豊かな自然に包まれた、健康に暮らすことのできる魅力あるまちに。」

F:大同機工(富田)
G:吉野川橋、H:新吉野川橋(吉野川)
I:花園橋(埼玉県道296号菅谷寄居線、荒川)
J:河西工業寄居工場、K:寄居上水道男衾配水場、L:田中医院(赤浜)

M:出雲乃伊波比神社(いずものいわいじんじゃ)(赤浜)
DSC03870
 →『神社探訪 狛犬見聞録・注連縄の豆知識』さんの「出雲乃伊波比(いずものいわい)神社
 →『延喜式神社の調査』さんの「出雲乃伊波比神社
N:常楽寺(真言宗智山派、寄居七福神・恵比寿)(赤浜)
DSC03915

DSC03917

O:昌国寺(曹洞宗)(赤浜)
DSC03750

DSC03753

DSC03754

DSC03766

P:清本寺(臨済宗妙心寺派)(小園)(こぞの)
DSC03780