お釈迦様の誕生日は陰暦で4月8日です。
 しかし、花祭りの頃は若葉あふれてつつじが咲きそろっていましたので新暦で1ヶ月遅れの5月8日だったと思います。
 小学校が半日で終わり、お寺に行くとお寺の本堂に誕生仏の像が飾られ、その像を入れた小屋の屋根はつつじの花できれいに飾られていました。
 そこで甘茶を誕生仏の像に頭から注いで手を合わせて供養しました。
 本堂の中の東側にちょっとした舞台があって、その上で学年ごとだったような気がしますが、みんなで学校で習った童謡を歌いました。
 誰がどのように主催したのか、また観客を呼びかけてくれたのか分りませんが、舞台の前にはおじいさん、おばあさん達がいっぱい座っていて拍手をしてくれました。
 そして、お寺の前の庭には、つつじがきれいに咲いていました。
 それはおぼろげながらの思い出ですが、昔は子供の頃から菩提寺と檀家の関係が強く結ばれていて、お寺に親しみを持っていました。
 今でもお釈迦様の誕生を祝う花祭りが毎年5月8日にお寺の本堂で行なわれております。しかし、お寺の関係者の努力にも関わらず、お寺の総代さんとお寺の近所の人が少しきただけの、その頃と比較すると何とも寂しい花祭りに思えました。