GO! GO! 嵐山 3

嵐山ふるさと塾・チーム嵐山

2010年07月

嵐山町の絵馬 平沢・不動堂 3

平沢・不動堂絵馬 3 不動明王
絵馬・不動堂3web
奉納 武州[  ]村 [ ]平書

嵐山町の絵馬 平沢・不動堂 2 1898年

平沢・不動堂絵馬 2 不動明王
絵馬・不動堂2web
奉納 不動明王
明治三拾壱年戊八月吉日
大願成就 当所 西酉造 [  ]書

嵐山町の絵馬 平沢・不動堂 1

平沢・不動堂絵馬 1 天狗
絵馬・不動堂1web
奉納 御宝前 当所 村田[ ] [   ]

嵐山町の絵馬 鎌形・八幡神社 3 1923年

鎌形・八幡神社絵馬 3 親子拝み 1923年
絵馬・鎌形八幡神社3web
奉納 心願成就 大正十二年十月三十一日
当所 長島氏

嵐山町の絵馬 鎌形・八幡神社 2 1871年

鎌形・八幡神社絵馬 2 武者 1871年
絵馬・鎌形八幡神社2web
明治四年 歳在重光脇治 □中和良辰
武陽志賀住 番場居□ 春昌筆

嵐山町の絵馬 鎌形・八幡神社 1 1831年

鎌形・八幡神社絵馬 1 武者 1831年
絵馬・鎌形八幡神社1web
奉納御宝前 天保二辛卯年三月吉祥日
当所 杉[  ]

嵐山町の絵馬 将軍沢・日吉神社 5 1918年

将軍沢・日吉神社絵馬 5 男拝み 1918年
絵馬・日吉神社5web
大正七年□月□□日 [   ]岡本□平

嵐山町の絵馬 将軍沢・日吉神社 4

将軍沢・日吉神社絵馬 4 男拝み 年不明
絵馬・日吉神社4web


嵐山町の絵馬 将軍沢・日吉神社 3

将軍沢・日吉神社絵馬 3 高砂 年不明
絵馬・日吉神社3web
敬白 将軍沢村 鯨井[    ]

嵐山町の絵馬 将軍沢・日吉神社 2 1818年

将軍沢・日吉神社絵馬 2 桃太郎 1818年
絵馬・日吉神社2web
奉献納 大願成就 文化十五戊寅年正月吉日
当所 忍田勇七

嵐山町の絵馬 将軍沢・日吉神社 1 1737年

将軍沢・日吉神社絵馬 1 武者絵 1737年
絵馬・日吉神社1web
奉納御宝前 元文二丁巳□月 □衛門
高い所に掲げられているので再調査が必要です。

古い写真 将軍沢・日吉神社 1970年10月25日

日吉神社(嵐山町将軍沢) 1970年10月25日
日吉神社1web

日吉神社5web



日吉神社2web

日吉神社4web
菅谷村の沿革(将軍沢村)』の日吉神社の項に「社中松ノ大樹鬱葱(うっそう)セリ。伝ヘ聞ク不添ヵ森(そわずがもり)ト云フハ爰(ここ)ノコトナルベシ」と1880年代の社叢林の記述があります。

日吉神社3web
境内社の将軍社です。『神社明細帳(日吉神社)』には「当社古記録等伝フル無ク創立年紀詳(つまびらか)カナラス。唯(ただ)古老ノ口碑ニ傳フルハ往古(おうこ)坂上田村麿将軍東夷征伐ノ際近傍岩殿山に毒龍アリテ害ヲ地方ニ加フ。将軍之ヲ退治シテ土人ヲ安カラシム。其時夏六月一日ナリシモ不時降雪寒気強カリシヨリ土人(どじん。土地の人)麦藁(むぎわら)ヲ将軍ニ焚(た)キテ暖(だん)ヲ与ヘリ。其后(そのご)土人将軍ノ功徳(くどく)ヲ賞シ之ヲ祭祀崇敬セリト云フ。現今年々六月一日土人麦藁ヲ焚キテ祭事ヲナスハ古ヨリ例ナリ。当社古来本村旧字大宮ト唱フル地ニ鎮座アリテ坂上田村麿将軍大宮権現ト稱セリ(本村々名及旧字大宮ノ地名蓋(おもうに)当社ニ因(よって)テ起リシナラン)御一新(ごいっしん)ニ至リ明治七年(1874)三月当所ニ奉遷(ほうせん)シ将軍社ト改称セリ」と由緒が書かれています。

日吉神社7web

日吉神社6web

古い写真 根岸観音縁日 1970年10月20日

根岸観音縁日(嵐山町根岸) 1970年10月20日
根岸観音19701020-1web

根岸観音19701020-2web

根岸観音19701020-3web

根岸観音19701020-4web

古い写真 根岸観音縁日 1963年2月20日

根岸観音縁日(嵐山町根岸) 1963年(昭和38)10月20日
根岸観音1963年web

参照:里やまのくらし 10

嵐山町古里・八坂神社の夏祭り 2 2010年7月17日

DSC02499web
神事が終わると神輿を組立てます。屋根に鳳凰(ほうおう)を差し込み完成した神輿は地元の男衆に担がれ渡御に出発。お囃子連の乗った山車、古里消防団の消防車が続きます。神輿は旧県道から県道12号熊谷小川秩父線に出て江南町(現・熊谷市)境まで東進。尾根交差点で右折し古里・吉田の大字境まで南下。折り返して御仮屋の前を通って西進。尾根・内出境で鳳凰を取りはずし、ここから神輿は揉まれながら嵐山郷に通ずる道路を北進。右折して向イ、尾根の台まで上り、その後は区長や神社総代、呼んでくれた家々を廻ります。

各家では厄(やく)を払うために神輿は頭上高く持ち上げられ三回まわされます。休憩しながら各地を廻り御仮屋に戻って来るのは夜九時過ぎです。

古里八坂神社祭り囃子が嵐山町無形文化財に指定される 1974年
LINKS
記事検索
最新コメント
最新記事(画像付)
Categories
GO! GO! 嵐山
GO! GO! 嵐山 2
GO!GO!嵐山 4
里やまのくらしを記録する会
嵐山石造物調査会
武谷敏子の自分史ノート
嵐山町の古文書を読む会