GO! GO! 嵐山 3

嵐山ふるさと塾・チーム嵐山

2012年04月

高麗川1号堰・城山橋 2012年4月30日

高麗川1号堰
DSC01861

堰周辺で河川工事実施中
DSC01857

右岸から撮影
DSC01858

城山橋
DSC01860

左岸の階段式の魚道
DSC01863

左岸から農業用水を取水
DSC01864

左岸の水神塔と裏面の碑文
DSC01865

DSC01868
当堰ハ古来狸穴堰(まみあなせき)ト称シ
高麗川水流ヲ取入レ大字多和目
字川下狸穴ノ水田八町三段歩ノ
潅漑ト二ヶ所ノ精穀用水車ニ利用シ……

都幾川・槻川アユ稚魚放流5月10日に延期 2012年4月28日

20120510延期img003


宮ケ谷戸堰下右岸(都幾川会場)
DSC01708

宮ケ谷戸堰から都幾川下流方向撮影
DSC01720

現場での打合せ1
DSC01719

現場での打合せ2

DSC01715
写真は2012年4月28日撮影

市野川羽尾A地区 木々の開葉 2012年4月27日

市野川羽尾A地区支川(新川)のワンド
DSC01682
上流方向から


ウワミズザクラ
DSC01675

DSC01671
冬の間、葉のなかった木々も、
一雨毎に開葉し、緑があざやかになって来ました。

比企地域おこしシンポジウム 2012年5月3日

比企地域おこしシンポジウム
日時:2012年5月3日(木) 開場13時 13時30分〜16時30分
会場:東松山市民文化センター大会議室
参加費:500円
主催:NPO法人比企自然学校
後援:埼玉県、東松山市、滑川町、嵐山町
    埼玉中央農業協同組合、武藏漁協協同組合
    東松山市観光協会、東松山市商工会
公益財団法人サイサン環境保全基金 助成事業
比企地域おこしシンポちらしA

比企地域おこしシンポちらしB

中止・都幾川・槻川アユ遡上作戦 2012年4月28日中止、5月10日も中止

5月10日も中止
荒川流域再生プロジェクト

都幾川・槻川標識アユ放流活動
20120428放流チラシ-001

28日(土)予定のアユ標識放流作業は、
稚鮎が確保できないことから、5月10日(木)に延期
 天然遡上する稚アユをギリギリまで待っていましたが
26日時点で、ほとんど遡上がないためです


都幾川・槻川における稚アユの標識放流作業は、
荒川・江戸川とも増水が引かず、
アユを捕獲する網を仕掛けられない状態が続き、
標識用のアユを確保できないため、中止になりました。

矢来堰改修工事 2012年3月28日

矢来用水堰災害復旧工事

唐子橋から矢来堰上流を撮影
DSC09419

DSC09421

左岸から堰を撮影
DSC09441

DSC09446

左岸から堰下流を撮影
DSC09445

 →空から見た東松山市71 都幾川橋・唐子橋 2010年4月

村方古物改口上書(1821年、広野・永嶋正彦家文書22)

  文政四巳年二月十四日
 村方古物改口上書 写
  広正寺共
        比企郡広野村
            四給村中

今度地誌認御用ニ付村方開発已来之始末寺社
之由緒名所古跡之類取認候条右由緒拘リ候記録
并古證文寺社之棟札古来より領主地頭遷替之
年代性名等兼而取認置可申候且又百姓之家柄等
迄相糺候ニ付是又系図古記録古證文之類武
器等所持之者も有之哉能々相尋置追而廻村之
節可申聞候尤廻村日限等之義者追而可申遣候
右之段兼而村方為心得申遣候廻状早々順達留村
より廻村先江相届ヶ可申候已上
   巳ノ二月八日
       地誌認御用出役
            井上彦右衛門 印
            築山茂左衛門 印
南薗部村 北薗部村 古氷村 同新田 長楽村
上押垂村 下押垂村 今泉村 野本村 同新田
柏崎村 同新田 流川村 松山宿 同新田
市川村 月輪村 同新田 平村 野田村
大谷村 岡郷村 山田村 羽尾村 同新田
水房村 太郎丸村 中尾村 福田村 土塩村
菅田村 和泉村 伊古村 広野村 杉山村
中爪村 勝田村 越畑村 吉田村 古里村
奈良梨村 上横田村 下横田村 遠山村 下里村
伊勢根村 高谷村 能増村 高見村 角山村
大塚村 小川村 右村々役人中
追替村絵図有之候村方ハ写差出可申候本文記録
古證文棟札百姓之家柄ニ拘リ候書物等者一覧之上
写取候ニ付別ニ写差出ニ不及候尤村方之由緒地名
等相糺候事ニ候得バ村役人ニ不限百姓之内土地之
様子古来より之申伝へ等覚居候もの有之候ハバ
廻村之節差出可申候但寺社之内御朱印地又ハ格別之
由緒有之候寺社ハ罷越見分取認候間兼而其段
其向江申通可置候以上

  弐度羽尾村江呼出御廻状写
地誌認御用ニ付先達而廻状を以申遣候通リ
取認候条村役人ハ勿論土地之儀相心得候者
壱人明十四日九ツ時羽尾村江可被罷出候此廻状
早々相廻シ留村方より可相返候已上
   二月十三日  地誌調御用出役
            井上彦右衛門 印
            築山茂左衛門 印
羽尾村会所 平村 野田村 大谷村 山田村
水房村 菅【田欠カ】村 伊古村 太郎丸村 中尾村 福田村
越畑村 広野村 右村々役人中
拾三ヶ村高六千百拾石    月番名主半右衛門
会所掛リ金三両弐朱也      同  弥藤治
此割合高半分村半分      同  太兵衛
割ニ仕候            同  半蔵
              百姓代 宇八
              罷出御答申上候

  御答申上候口上書覚左之通リ
慶安元年子七月御検地
一高木九助様御知行所 元禄十一年迄
元禄十一年
一高谷太兵衛様御支配所
元禄十一年纏同十三年迄
一黒田豊前守様御領地
元禄十四年纏十六年迄
一比企長左衛門様御支配所
元禄十一年寅七月高谷太兵衛様御支配纏渡ル
一嶋田藤十郎様御知行所
同十七年比企長左衛門様纏渡ル
一木下伊賀守様御知行所
宝永二年小林太郎左衛門様纏渡ル
一内藤主膳様御知行所
宝永四年九月小林太郎左衛門様纏渡ル
一大久保筑前守様御知行所

広野村トハ広正寺開基高木九助広正ト
申ニ付同寺ヲ広正寺と名付此由来を以
広ト云儒ヲ取リ広野村ト云ト申上候東西江
弐拾八丁南北江八丁又ハ九丁郷境東ハ太郎丸村
南纏酉ノ方続杉山村西ハ越畑村北ハ勝田村ニ而
北東ノ間伊古村飛地字川嶋江八丁有
猪子栄太郎様御知行所太郎丸村ヲ飛申候又ハ
飛地広野勝【田欠カ】有是ハ猪子栄太郎様御知行所勝田村ヲ
飛申候て字勝田御座候森之御尋ニ御座候
右森之義八宮明神一社四給入会御除地村中
惣鎮守本山山伏泉学院しめはぎ掃除人
下草落葉支配ニ候金皿明神一社是ハ吉兵衛持
弥陀堂壱ヶ所下村持又弥陀堂壱ヶ所中郷村持
飛地字川嶋ニ鬼神明神一社四給入会川嶋氏子
惣村持薬師堂壱ヶ所村持北ニ当リ市ノ川畔ニ
千弐百間之堤有北ハ市之川境水房村太郎丸村
東ハ月輪村南同村西志賀村又飛地字勝田
東ハ伊子村南西ハ勝田村又西吉田村北和泉村
なめ川有本村ニ田仲ニ南西江之加須川あり
此かす川之義者西より南江流申候

寛永十七年棟札
 八宮明叩〜敖端蘆輜△呂掃除 泉学院
同年棟札
 金皿明神           吉兵衛持
棟札無御座候
 鬼神明神 字川嶋氏子村持
       参銭 川嶋
       宮鍵  組頭三人支配

   寺分書上
        慶安二年八月廿四日初而頂戴
一御朱印              六通
   高弐拾石
一本尊阿弥陀如来          一尊
   本寺市之川村永福寺九代
一御開山    起山洞虎大和尚
          元和六年庚申十一月十二日示寂
一御開基    萬福院殿大翁秀椿大居士
          慶長十一丙午七月二十六日示寂 
一広正寺殿性空道圍大居士
   寛永九壬申十一月十日 俗名高木甚左衛門正縄
一大鐘 指渡シ二尺三寸
     大哉宝器 虚而体堅
 音応扣撃 功不虚損
       高木山広正寺住持
            通岸達円代
  享保二龍集丁酉年
       三月二十一烏
     野州安蘇郡佐野命住
         井上治兵衛重治
         同 太郎左衛門重友
    施主 高木氏正長
  右之通リニ御座候以上
      武州比企郡広野村
             広正寺
 広正寺世代現住共ニ拾八代  暁山僧 印
 文政四巳年    比企郡広野村
    二月十五日      月番名主半右衛門
                  名主弥藤治
                  名主太兵衛
                    名主半蔵
             四給代兼百姓代宇八
  御勘定奉行所様纏
   御儒者
     林大学頭様御附
        井上彦右衛門様
        築山茂左衛門様

高百五拾石三斗五升壱合
 一内藤主膳知行所      名主弥藤治
高百九石四斗五升四合
 一嶋田藤重郎知行所     名主太兵衛
高九拾五石五合
 一木下久兵衛知行所     名主半右衛門
高七拾五石壱斗七升五合
 一大久保筑前守知行所    名主半蔵

                  (広野・永嶋正彦家文書22)

市野川羽尾B地区・C地区接点の澪筋の変化 2011年・12年3月27日

市野川羽尾B地区・C地区接点の澪筋(みおすじ)の変化
2011年3月27日:C地区新川(支川)開設前
DSC04408

DSC04406

2012年3月27日:C地区新川(支川)開設後、2回目の堆積土砂撤去後
DSC09317

DSC09315

市野川羽尾C地区本川・新川出口・B地区本川・新川入口 2012年3月26日

市野川羽尾C地区本川・新川出口・B地区本川・新川入口
3月26日
DSC09298

DSC09297

DSC09296

市野川羽尾C地区本川出口 2012年3月23日

市野川羽尾C地区本川出口 3月23日

DSC09153


DSC09151


DSC09157


DSC09160
右岸上流から下流方向(B地区入口)撮影

市野川羽尾C地区本川出口から上流方向 2012年3月23日

市野川羽尾C地区本川出口から上流方向 3月23日

DSC09159


DSC09158


DSC09152


DSC09154
右岸から撮影

市野川羽尾C地区新川出口・B地区新川入口 2012年3月18・23日

市野川羽尾C地区支川(新川)出口・B地区支川(新川)入口
3月18日
DSC09033

DSC09034

3月23日
DSC09161


DSC09162

DSC09163

4月の男衾自然公園 2012年4月17日

火伏せの桜
DSC01109

桜の開花とともに園内の木々も萌えてきました
DSC01125

DSC01132

DSC01133

男衾の古刹・不動寺
DSC01134

市野川羽尾C地区新川出口・B地区新川入口 2012年3月17日

市野川羽尾C地区支川(新川)出口・B地区支川(新川)入口
3月17日
DSC08996

DSC08997

DSC09016

市野川羽尾B地区本川入口浚渫作業前・後の比較  2012年3月16日

3月16日の午前中、市野川羽尾B地区の本川に流れる水量を増やすため、本川入口部分に堆積した土砂浚渫作業が行われました。
作業が行われる前(8:15頃)と作業終了後(13:00過ぎ)の写真です。

◎浚渫作業が行われる前(8:15頃)
DSC08919

DSC08921

◎浚渫作業終了後(13:00過ぎ)
DSC08966

DSC08960

DSC08962

前回の浚渫は2011年8月11日でした。浚渫した土砂は袋詰めされ、左岸の破損したコンクリート護岸の前に3段積みされました。
   →市野川羽尾地区浚渫作業前・後の比較 1 2011年8月11日
   →市野川羽尾地区浚渫作業前・後の比較 2 2011年8月11日
今回は浚渫した土砂はそのままコンクリート護岸を隠す様に寄せ置きされています。

LINKS
記事検索
最新コメント
最新記事(画像付)
Categories
GO! GO! 嵐山
GO! GO! 嵐山 2
GO!GO!嵐山 4
里やまのくらしを記録する会
嵐山石造物調査会
武谷敏子の自分史ノート
嵐山町の古文書を読む会