和算学者として活躍

 往延(ゆきのぶ)は本名を内田祐五郎といい、天保14年(1843)3月23日に、杉山村字川袋で内田嘉右衛門の次男として生まれた。それは江戸時代の末期で、幕府滅亡の25年前の頃であった。往延はやがて熊谷の利根木与衛門(格(かく)斎(さい))のもとで関流(せきりゅう)の和算(わさん)を学んだ。

 和算というのは、中国から伝わった数学をもとに江戸時代に日本独自に発達した数学のことであるが、幕末から明治にかけてアメリカやヨーロッパから伝えられた数学(洋算)と区別して後に和算といわれるようになった。この和算を確立した学者が群馬の藤岡で生まれた関孝和(せきたかかず)である。彼の生年は寛永17年(1640)頃、没年は1708年であるから、江戸時代の前半期に活躍人であるが、その数学の水準は世界的なレベルであった。

 往延は、この関孝和の流れを受け継ぐ戸根木のもとで学んでから、さらにその師であった群馬の剣持章行のもとで暦数(れきすう)も究(きわ)めた。そして明治政府が財政の基礎を築くために明治6年(1873)に地租改正条例を公布して、土地の調査を始めると、多くの和算学者が測量(そくりょう)に従事したが、内田往延も特別編輯総図(とくべつへんしゅうそうず)と杉山村検地担当人に選ばれ、正確な測量を行なったといわれている。往延は明治17年に志賀の根岸彦九郎の跡継ぎになり、近郷の子弟の教育にあたった。

岩殿観音正法寺に算額を奉納

内田往延は、明治11年(1878)に東松山市岩殿の岩殿山正法寺(しょうぼうじ)(真言宗)に算額(さんがく)を奉納している。正法寺は、坂東(ばんどう)三十三所第10番札所の岩殿観音として知られる比企地方の名刹(めいさつ)である。奉納したのは33歳のころという。算額には、二つの図形の下に、それぞれの問題と解法が記されている。この額は昭和49年7月10日に東松山市の指定文化財になっている。

 算額は神社や寺院に奉納される絵馬の一種で、数学上の新しい定理などを発見したことを神仏の加護(かご)によるものとして額に記して掲げたものという。やがて数学の難問(なんもん)を解いたときなどに、その問題と解法を書いて奉納するようになった。算額は関東と東北地方に多いが、埼玉県は現存する算額が全国で一番多いという。

写真 岩殿観音にある内田往延の奉納額

内田往延の頌徳碑

 1933年(昭和8)に、往延に学んだ門弟たちが師の頌徳碑(しょうとくひ)「内田往延先生之碑」を建立した。碑は滑川町月輪(つきのわ)の根岸啓男家の庭の入り口に立っている。根岸啓男氏の祖父根岸文助は内田往延の高弟であった。碑の表面には、幾何の図形とその図についての問題と解法、そして内田往延先生之碑と刻まれている。

          

           

          (図形は「埼玉の算額」埼玉県立図書館より)

            問題 今有如図直内容大

                中半円及小円一個

                只云小円径若干得

                直長術問幾何

                答曰如左術

            解法 術曰置二個開平方

                  名天十六之加二十

                  四個開平方天三段

                   及加三個乗小径半

                 之得直長合問

           問題の読み方

                図のように長方形の中に大・中の半円と

                               小円1個が内接している。小円の直径が

                               あたえられたとき,直長の長さを求めよ。

           解法 (略)

           答え (略)

 碑の裏面には、碑の建立に賛同して資金を出した門弟102人の大字、氏名、金額が刻まれている。現在の地域で見ると、嵐山町43名(杉山14名、吉田2名、広野9名、越畑7名、勝田4名、太郎丸2名、菅谷1名、平沢1名、根岸1名、志賀1名、川島1名)、滑川町48名(月輪33名、羽尾7名、水房2名、福田1名、下唐子1名、唐子1名、神戸3名、伊古2名)、松山市2名(松山1名、野田1名)、大字名解読不能7名。

  これを見ると、門弟が嵐山町と滑川町にまたがり、広く存在していたことが分かる。

 次に嵐山町分を大字別に氏名を記す。

[杉山]?金子財助、伊藤重太郎、金子忠良、内田陽造、早川永吉、新井忠三、早川寅吉、伊藤亀吉、水島住太郎、同 忠三、同 市太郎、同 久作、内田千代松、金子喜代造、

[吉田]小林喜太郎、小林国三郎

[広野]内田金三郎、井上万吉、権田畠太郎、同冨五郎、同 徳治、栗原佐三郎、同 重太、同 平吉、同 権造、

[越畑] 船戸平左エ門、田島滝蔵、同 竜吉、青木五三郎、同 平馬、強瀬埼三郎、市川鉄次郎、

[勝田]?杉田忠五郎、田中億次郎、田幡信次郎、同 喜一郎

[太郎丸] 中村茂十郎、大沢賢司

[菅谷] 山岸章祐

[平沢] 内田傳兵衛

[根岸] 小澤與四郎

[志賀] 根岸勝蔵

[川島] 島崎和一郎

 和算のその後であるが、明治政府が明治5年(1872)に学制を定めて近代的な義務教育を始めたときに、学校で学ぶ数学として西洋の数学を採用することにしたため、江戸時代から培(つちか)われてきた和算は次第に衰退していった。

Latitude : 36.046932
Longitude : 139.345508