1846年 弘化3 6月22日 井上勝次郎・ちよ の長男として広野に生れる。通称萬吉、文秀斎・春昌・魚樵と号す
1857年 安政3(12歳) 杉山義順(寛斎)に就き習字・和漢の書を学ぶ(七年間)
1862年 文久2(17歳) 忍藩士塩野瑞翁に随い漢学を修業(五年間)
1866年 慶応2(21歳) 金子治三郎(栃木県邑楽郡上五箇村)に就き数学・諸相場     割より十乗法まで研究
1869年 明治2(24歳)7月 長女みつ誕生
1873年 明治6(28歳)10月 熊谷県本庄駅暢発学校徴集生徒となる 
1874年 明治7(29歳)2月 松山町荒川学校定員生に転校
              2月16日 舎長申付けられる
              6月 下等小学卒業
              6月 熊谷駅暢発学校に入る
1875年 明治8(30歳) 4月 上等小学三級卒業。病に因り退校
              10月 暢発学校下等小学一級卒業 
              10月 熊谷県より上横田学校教員申付けられる
1876年 明治9(31歳)12月 上横田学校一等授業生嘱任。兼校長
1878年 明治11(33歳)4月 上横田学校四級訓導補嘱任
1880年 明治13(35歳)10月 同校退職 
               11月 廣野村戸長となる
1881年 明治14(36歳)12月 比企郡第十学区学務委員に加えられる
1882年 明治15(37歳)10月 志賀村出火罹災者救助金3円差し出す
               11月 菅谷分署建築費として金1円差し出す
               12月 遠山村新道開鑿費として金30銭差し出す
               12月 職務勉励慰労金1円下賜
1883年 明治16(38歳)10月 戸長・学務委員任期満了
               11月 廣野村戸長・第十学区学務委員に再任される
1884年 明治17(39歳)1月 職務勉励慰労金1円50銭下賜
               7月 聯合町村制により越畑村聯合となり、同役場首席筆生
1887年 明治20(42歳)3月 衛生組合長に当選
              12月 職務勉励賞金1円下賜
1888年 明治21(43歳)6月 押切村持田久五郎を井上萬吉の養嗣子とする
              12月 比企・横見郡長より越畑村聯合筆生を命ぜられる
1889年 明治22(44歳)1月 職務勉励賞金75銭下賜
               1月 土地取調事務勉励賞金1円50銭下賜
               4月 村会議員選挙掛に選任される
               4月 町村制施行。越畑村聯合七ヶ村は七郷村と称し同村村      会議員に選ばれ、役場吏員となる
1892年 明治25(47歳)3月 菅谷村役場費として金1円50銭寄附す
               4月 議員任期満了。村会議員選挙掛に選任される  
1894年 明治27(49歳)9月 陸軍へ軍資金として2円献納
1895年 明治28(50歳)2月 書記辞職
               3月 村会議員・学区会議委員・学務委員に選任される
1896年 明治29(51歳)3月 永島弥助宅失火の際消防尽力につき30銭下賜
1897年 明治30(52歳)6月 明治二十七・八年戦役(日清戦争)の際軍資金として3    円献納に付表彰
1898年 明治31(53歳)1月 慈恵救済資金寄附金募集比企七郷村委員を嘱託される
               4月 七郷村役場新築費として4円10銭余寄附
1903年 明治36(58歳)2月 衆議院議員選挙七郷村投票所立会人に選任される
               4月 官幣中社金讃神社営繕費として金1円寄附
              11月 慈恵救済資金寄附金募集委員に対し慰労感謝状をうける
1904年 明治37(59歳)4月 村会議員に当選
1906年 明治39(61歳)11月 明治三十七・八年戦役(日露戦争)の際従軍者家族扶助のため金1円50銭寄附に付表彰
               12月 比企郡教育会基本金として3円寄附
1906年 明治40(62歳)5月 七郷村村長に就任。また軍人分会長となる
               7月 帝国義勇艦隊建設比企郡奨励委員を委嘱される
1907年 明治41(63歳)4月 村長を退職、七郷小学校新築副委員長に就任
1908年 明治42(64歳)6月 比企郡徴兵慰労義会解散に当たり村幹事としての尽力に対し木杯一組を記念品として贈呈される
1911年 明治44(66歳)4月 学校新築之労により賞状・木杯を賜る
              10月 曹洞宗大本山総持寺再建勧募委員補に推薦される
1913年 大正2(68歳)2月 比企郡地主会に入会
              4月 学務委員を命ぜられる
              9月 菅谷第一尋常高等小学校費として金66円寄附に付、木  杯下賜される
1914年 大正3(69歳)4月 比企郡教育会改元記念基本金として2円寄贈
1917年 大正6(72歳)4月 村会議員に当選
1918年 大正7(73歳)3月 七郷青年団顧問に推薦される
              9月 区長に選ばれる。町村制施行以来、常設委員・区長・衛生委員・消防頭取・農会役員・地主会理事を歴任
             11月 妻かね病歿。行年73歳
1919年 大正8(74歳)4月 公職を退任するに当たり送別会が催され、感謝の記念として唐金火鉢一対を贈られる
1920年 大正9(75歳)3月 埼玉県消防協会設立に際し金10円寄附
1921年 大正10(76歳)4月 村会議員に当選(大正14年4月まで在任)
1924年 大正14(80歳)12月2日 逝去。戒名 宝光院萬瑞春晶居士
             井上家文書・井上萬吉墓誌・嵐山町議会史より作成