太郎丸村(たろうまるむら)【埼玉県比企郡嵐山町太郎丸】

本村古時水房(みずふさ)庄(しょう)*1松山領に属す 風土記に水房枝郷と載(の)す
   *1:荘の俗字 むらざと。

疆域*1
東は中尾水房二村と山林を界とし、西は志賀 杉山二村と耕地を接し、南は広野村飛地字川島と市の川を劃(かぎ)り*2、北は広野伊古二村と畦畔(けいはん)*3を界とす
   *1:境界内の土地。
   *2:はっきりとくぎること。
   *3:あぜ。

幅員*1
東西十一町五十五間南北六町五十三間
   *1:はば。

管轄沿革
天正十八年庚寅(かのえとら)【1590】徳川氏に属し高百石一斗七升二合旗下士*1岡部太郎作の采地(さいち)となり、安永元年壬辰(みずのえたつ)【1772】岡部氏罪あり采邑(さいゆう)*2を没収せられ、代官の支配となり、九年戊戌(つちのえいぬ)【1778】猪子左太夫の采地となる。維新の際武蔵知県事*3に属し、明治二年己巳(つちのとみ)【1869】二月品川県に属し尋(つい)て韮山(にらやま)県に転し、四年辛未(かのとひつじ)【1871】十一月入間県に属し、六年癸酉(みずのととり)【1873】熊谷県の所轄(しょかつ)となる。
   *1:将軍直属の武士。
   *2:領地。
   *3:明治元年に置かれた県の長官。同二年県知事と改称された。

里程*1
熊谷県庁より南方三里
四隣広野村へ十四町二十間 志賀村へ十五町中尾村へ二十町 伊古村へ二十五町 水房村へ十二町 杉山村へ十六町
近傍宿町松山町へ二里小川村へ一里二十五町
   *1:道のり。

地勢*1
東は岡巒(こうらん)*2起伏し雑樹鬱葱(うっそう)*3し、西北は稍平衍(ややへいえん)*4にして市の川南境を環流す。運輸不便薪炭乏しからす。
   *1:土地のありさま。
   *2:おかとやま。
   *3:樹木がしげってあをあをとしているさま。
   *4:たひらかでひろいこと。

地味*1
色赤黒壚(ろ)土*2粘土相混し稲粱(とうりょう)*3に宜しく、桑茶に適せす。水利不便時々水旱(すいかん)*4に苦しむ。
   *1:地質の良し悪し。
   *2:くろつち・あらつち。
   *3:いねとあわ。
   *4:おおみづとひでり。

税地
田  八町二反九畝二歩
畑  十四町八畝七歩
宅地 四反八畝十歩
山林 十六町九畝十八歩
総計 三十八町九反五畝七歩

飛地*1
本村の東方水房村の内 林三畝十二歩
   *1:同じ行政区に属するが、他に飛び離れて存在する土地。

字地
宮前  村の東にあり東西三町五十五間南北二町
三堂山(みどうやま) 宮前の南に連る東西二町五十五間南北二町五間
川端  宮前の南に連る東西二町十間南北三町三十間
居屋敷 宮前の北に連る東西三町五十間南北二町二十五間
内谷(うちやつ)  宮前の東に連る東西二町四十間南北二町十五間
鷂諭 ‘眞の北に連る東西二町四十間南北二町十五間
申山(さるやま)  鷂佑療譴墨△訶貔昌幼十間南北三町五間
表谷  内谷の南に連る東西三町四十間南北三町十間

貢租
地租 米三十四石八斗五升七合
    金二百十六円六十五銭二厘
賦金 金百九十円十三銭七厘
総計 米三十四石八斗五升七合
    金四百六円七十八銭九厘

戸数
本籍 二十三戸平民
寄留*1 一戸平民
社  一戸村社
総計 二十五戸
*1:他郷または他家に一時的に身を寄せて住むこと。

人口
男  六十八口
女  七十九口
総計 百四十七口 外寄留男一人

牛馬
牡馬 十四頭

舟車
荷車 二輛小車

山川
市の川 深処五尺浅処五寸広処五間狹処二間 緩流澄清堤防あり、村の南方志賀村より来り東方水房村に入る。其間十町二十間
賀須川 深処三尺浅処五寸広処四間狹処二間村の西方杉山村より来り市の川に合す。
大橋(おほはし) 村道に属し村の南市の川の中流に架(か)す。長三間五尺巾一間土造

森林
淡洲林 官有に属す東西四間南北四間反別四畝五歩村の東にあり大杉多し

湖沼
麦谷溜池 東西二十一間五尺南北三十一間周回(しゅうかい)*1百六十八間五尺本村東方にあり用水に供す
   *1:まわり。

小谷溜池 東西二十六間南北八間三尺周回六十二尺村の東南にあり用水に供す。                                                                               
下溜池  東西二十二間南北三十間周回百四十三間三尺 本村東方にあり用水に供す。
中溜池  東西六十三間南北十五間周回百五十二間 村の東方にあり用水に供す。
上溜池  東西五十一間南北三十四間周回百五十九間五尺 村の東方にあり用水に供す。
小申山溜池 東西十六間南北十一間四尺周回五十六間五尺 村の東北にあり用水に供す。
申山溜池 東西三十一間南北二十一間四尺周回百三間二尺 村の東北にあり用水に供す。
五十谷溜池 東西十五間三尺南北七間周回四十七間三尺 村の東北にあり用水に供す。

道路
熊谷道 村の西方杉山村界より東方中尾村界に至る長九町四十一間巾九尺

堤塘(ていとう)*1
堤 市の川賀須川に沿ひ村の西方より起り南方に了(おわ)る長四町五十五間馬踏(うまふみ)*2一間堤敷(つつみしき)*3二間四尺修繕費用は民に属す
   *1:つつみ。どて。
   *2:堤防の上端に作る人馬の通路。
   *3:堤防の占める土地。

神社
淡洲(あわす)社 村社(そんしゃ)*1東西十七間南北十八間三尺面積二百四十五坪村の東にあり豊玉姫命(とよたまひめのみこと)*2を祭る。祭日九月十九日社地中杉の老樹あり。
   *1:神社の格で官幣社、郷社につぎ無格社の上に位置した 一九四五年以降廃止された。
   *2彦火火出見尊(ひこほほでのみこと)の妃。産屋の屋根を葺き終らぬうちに産気づきわにの姿になっているのを天神に見られ恥じ怒って海へ去ったと伝えられる。その時生れたのが鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)である。

役場
事務所 村の中央民家を仮用す

物産
繭  五石
鶏卵 三百二十個
米  五十石
大麦 三十五石
小麦 十石
大豆 一石
生絹 三疋
薪  二百駄

民業
男女農を専とす