第十六号 十二月十三日
   地誌
               第六大區五小區
                    比企郡
                     越畑村

武蔵國比企郡越畑村【埼玉県比企郡嵐山町大字越畑】
 本村古時庄領郷ノ唱ヲ傅ヘス。村名改称及ヒ分郷合村等ノ事無シ。

疆域(きょういき)
 東ハ同郡吉田勝田ノ両村ト鄰リ山林或ハ耕地ヲ以テ界トシ、西ハ同郡奈良梨(ならなし)横田(よこた)二村ヲ隔テ市ノ川【市野川。寄居町大字牟礼(むれ)に発し川島町東大塚で荒川に注ぐ】其界ヲ劃(かぎ)ル。南ハ同郡中爪杉山廣野三村ニ相對シ山林田野其界ヲ接ス。北ハ男衾郡西古里村ト山嶺ヲ以テ境トス。

幅員
 東西拾三町四拾間南北貮拾六町五間。面積六拾八万四千四百六拾貮坪【『新編武蔵風土記稿』では東西七町・南北二〇町、『武蔵国郡村誌』は東西一五町・南北一七町一〇間】。

管轄沿革
 年暦不詳本村元高四百六拾八石壱斗九升高木筑後守知行タリシカ、元禄十一年戊寅(つちのえとら)年(1698)五月代官高谷太兵衛支配ト成リ、同年八月該高ノ内二百三拾四石九升酒井但馬守ノ知行ト成リ、寛保二壬戌年(1742)残高七拾八石三升ヲ羽太(はぶと)清右衛門【『新編武蔵風土記稿』では左衛門、『武蔵国郡村誌』は右衛門】七拾八石三升ヲ山高重右衛門【『新編武蔵風土記稿』では左衛門、『武蔵国郡村誌』は右衛門】右二氏ノ知行トナリ、其後残高七拾八石三升ヲ黒田豊前守知行ト成リ、右四氏累世之ヲ分知ス明治元辰(たつ)年(1868)各縣ノ所轄トナリ、酒井羽太山高三氏ノ分品川縣ノ管轄トナリ、黒田氏ノ分岩鼻(いわはな)縣ニ屬シ、同二年(1869)八月品川縣ハ韮山縣ニ転ジ、同四年(1871)韮山(にらやま)縣入間縣ニ転ジ、此時四氏ノ領知一般入間縣ニ屬シ、同六酉(とり)年(1873)熊谷縣ニ轉ス。

里程(りてい)
 熊谷縣廰(けんちょう)ヨリ西南三里ニシテ、四鄰同郡吉田村ヘ拾貮町【『武蔵国郡村誌』では一五町】、奈良梨(ならなし)村ヘ拾五町、杉山村ヘ貮拾町【『武蔵国郡村誌』では二一町】、男衾郡西古里村ヘ三拾町【『武蔵国郡村誌』では一〇町】、近傍(きんぼう)宿町大里郡熊谷駅ヘ三里、本郡松山町ヘ三里拾町、榛沢郡寄居町ヘ三里。

地勢
 高峻四圍率子(おおむね)山ニシテ、東ハ山林起伏シ雑木欝生(うっせい)シ、南ハ耕野平衍(へいえん)【たいらでひろいこと】ニシテ田疇(ちゅう)【耕作地】相ヒ連リ、西北ハ峯巒(らん)重疂シ極メテ絶嶮是ヲ以車馬ノ運輸最モ不便ナリ。

地味(ちみ)
 其色赤黄埴土相混シ、土質悪シク、菽麦(しゅくばく)【まめ・むぎ】楮(こうぞ)桑ニ適セス、稲粱(とうりょう)【稲・粟】ニ應セリ。水旱(すいかん)【洪水と日照り】倶ニ患多シ。

税地
 田 四拾三町二反四畝四歩五厘   改正五拾町六反七畝拾五歩
 畑 四拾三町九反八畝廿八歩    改正三拾八町七反三畝歩
 宅地 壱町六反六畝六歩      改正七町九反五畝廿六歩
 山林 三拾八町七反七畝貮歩    改正百六町四反四畝廿八歩
 柴地 貮反三畝拾九歩
 総計 百廿七町六反六畝拾歩五厘  改正総計貮百四町四畝廿八歩

字地
 柳原(やなぎはら) 本村元票ノ北隅ニ位シ東西壱町五拾三間南北四町
 前太月(まえおおづき)【『風土記稿』では前大月】 柳原ノ正南ニ連リ東西貮拾町五拾四間南北壱町廿五間
 嶋 前太月ノ南ニ連リ東西三町三拾間南北壱町三拾四間
 後谷 島ノ西ニシテ東西三町三拾四間南北壱町拾四間
 大木 後谷ノ東南ニシテ東西三町四拾間南北壱町貮拾九間
 小栗(おぐり) 大木ノ正南ニ亘リ東西貮町五拾五間南北貮町三拾貮間
 中櫛引 小栗ノ西北ニシテ東西壱町四拾三間南北三町貮拾六間
 下櫛引 中櫛引ノ南ニ連リ東西壱町拾七間南北三町四拾三間

貢租(こうそ)
 地租(ちそ)米百三拾壱石六斗五升 金七拾壱円貮拾九銭八厘
 賦金(ぶきん)國税金四拾壱円五拾銭 縣税金五拾銭
 総計米百三拾壱石六斗五升 金百拾貮円七拾九銭八厘

戸數  
 本籍 八拾八戸 平民
 社三社 村社壱座 平社貳座
 寺貮戸 曹洞宗
 堂壱戸 薬師堂
 総計九拾四戸

人數
 男 貮百貮拾六口 平民
 女 貮百貮拾貮口 平民
 総計 四百四拾八口

牛馬
 牡(おす)馬 三拾頭

舟車
 荷車 壹輌 小車


 淺間山(せんげんやま) 高サ貮拾丈周囲夲村限リ五町三間。本村ノ西方ニアリ樹木林立繁茂シ登路壱條頗(すこぶ)ル嶮ナリ。山脈ハ男衾郡高巣村【鷹巣村】ニ連亘(れんこう)シ嶺上ヨリ西南ニ對シ、奈良梨(ならなし)横田(よこた)近傍(きんぼう)ノ村落ヲ一眸(ぼう)ス。


 市ノ川用水 同郡奈良梨(ならなし)村ヨリ来リ、本村ノ西方ヲ流レ南ニ環リ、中爪(なかつめ)杉山両村ノ間ニ入リ、深キ処五尺浅キ処貮尺五寸、廣キ処三間狭キ処壱間半、長サ拾六町貮拾六間、田貮甼四反五畝歩ノ用水ニ供ス。
 賀須川用水 本村ノ西方字十三間川越岩【川後岩】両池ノ水縱横溝渠(こうきょ)ニ濯漑淋漓(りんり)【したたるさま】シテ自ラ其ノ源ヲナシ、村ノ東南ヲ環流シ濃(すぎやま)村ノ東ニ沿ヒ下流市ノ川ニ合ス。深キ処五尺、浅キ処貮尺。廣キ処三間、狭キ処四尺。長サ六町拾六間。田貮町九反三畝九歩ノ用水ニ供ス。
 庚申橋 熊谷道ニ属ス。村ノ東南ニ當リ賀須川ノ上流ニ架ス。長サ三間巾五尺、石造。
 野郎子橋(やろこばし) 熊谷道ニ属ス。本村ノ西南ニ当リ、市ノ川ノ上流ニ架ス。長サ四間巾壱間土造。

原野
 大谷ツ原(おおやつはら) 民有地ニ属ス。村ノ北方ニ下リテ、東ハ本郡吉田村ニ屬シ、西ハ奈良梨(ならなし)村ニ接シ、北ハ男衾郡西古里村ト界ヲ連ス。樹木無クシテ芝草繁茂(はんも)セリ。

湖沼
 川後岩沼 東西四拾間南北廿六間周回五畝五拾六間。本村ノ北ニアリテ村ノ用水ニ供ス。
 十三間沼 東西廿六間南北九拾間周回三町四拾貮間。本村ノ西隅ニアリテ村ノ用水ニ供ス。
 三田堂沼 東西百八拾壱間南北廿三間周回七丁。本村ノ南ニアリテ村ノ用水ニ供ス。

道路
 熊谷道 村ノ北方男衾郡西古里村ノ界ヨリ入リ、西方比企郡奈良梨(ならなし)村ノ界ニ至ル。長サ四町三拾四間三尺巾九尺。大里郡熊谷駅ヨリ比企郡小川村ヘ達スル逕路ナリ。

掲示場
 村ノ東方字日向民有地ニ在リ。

堤塘(ていとう)
 囲堤(いてい) 市ノ川ニ沿ヒ村ノ西方本郡奈良梨(ならなし)村ノ界ヨリ連続シ濃(すぎやま)村ノ界ニ至ル。長サ四町三拾七間堤敷(つつみしき)貮間半。修繕費用大破ハ官ニ屬シ小破ハ民ニ屬ス。


 八宮社 村社々地東西廿間南北廿九間面積四百三拾壱坪。村ノ東方ニアリ、素盞鳴命(すさのおのみこと)ヲ祭ル。勧請年月不詳。祭日三月十日。
 淺間社 平社々地東西二拾間南北三拾間面積六百八拾貮坪。村ノ西方ニアリ、木花佐久夜命【『武蔵国郡村誌』では姫】ヲ祭ル。勧請年月不詳。祭日六月十五日。
 社宮司社 平社々地東西拾三間南北拾七間半面積貮百壱坪。村ノ西隅ニアリ、稲蒼魂命ヲ祭ル。勧請年月不詳。祭日三月十五日。


 寳藥寺 東西廿三間南北廿八間面積三百八拾三坪。曹洞宗同国同郡廣野村廣正寺末派ナリ。村ノ中央字大堂ニアリテ、元和年中(1615〜1624)ノ僧南叟玄壽(げんじゅ)【『新編武蔵風土記稿』では壽玄とあるが誤り】開基(かいき)創立ス。
 金泉寺 東西廿七間南北廿貮間半面積百三拾七坪。位置ハ寳藥寺ト同所ニシテ該寺ノ西方アリ。年代開基(かいき)創立供ニ寳藥寺ト同断。
 藥師堂 東西九間南北拾六間面積百三拾七坪【『堂庵明細帳』では百七拾七坪】。位置ハ寳藥寺ト同所ニシテ該寺ノ西ニアリ。藥師ハ行基(ぎょうき)【668年〜749年。奈良時代の渡来人系の僧。諸国を巡遊し社会事業に尽力、また大仏造営に協力し大僧正に任じられた。死後、文殊菩薩の化身とあがめられ、諸国に行基を開基(かいき)・作者とする寺院・仏像等がある】ノ作ニシテ勧請年月不詳。

事務所
 村ノ北隅字柳原戸長(こちょう)船戸鍋六ノ舎宅ヲ仮用シ、村内ノ事務ヲ扱フ。

病院
 ナシ

郵便局
 ナシ

古跡
 城山(じょうやま)城墟 東西五町南北三町。本村ノ西方ニ當リ懸崖八九仭(ひろ)【高さの単位。八九仭(ひろ)は約140メートル】、山巓ニ塁址ノ形今尚存セリ。武藏風土記ニ云、村ノ西ニアリ土人(どじん)【その土地の人、地元民】其所ヲ城山ト呼フ、今ハ陸田(りくでん)【はたけ】ト成レリ、何ノ頃何人ノ住セシト云フコト詳(つまびらか)ナラス。或ハ庄主水(しょうもんど)ト云シ人ノ居蹟トイヘド其年代モ定カナラズ。按(あん)スルニ当国七黨【平安末期武蔵国の武士団。横山・猪俣・野与・村山・児玉・西・丹党の軼沺私市党・綴党を入れる説もある】ノ内児玉ノ黨ニ庄ノ権頭弘高トアレバ是等ノ後裔(こうえい)ナルヤト記載セリ。此外別ニ記録ナシ。

物産
 動物 繭質中拾五石
 植物 米質美百七拾六石五斗
    大麥質悪シク三拾四石四斗
    小麥質悪シク九拾四石八斗
    大豆質悪シク五拾五石五斗
    楮質悪シク三百斤
 器用物 竈石(かまどいし)質美五拾箇
 生造物 生絹(きぎぬ)質美百疋(ひき)大里郡熊谷駅ヘ輸送ス
     瓦質美五百駄
      薪八百八拾駄大里郡熊谷駅ヘ輸送ス

民業
 男農樵ヲ業トスル者貮百廿三人。工ヲ業トスル者三人。
 女農桑(のうそう)ヲ業トスル者二百人。紡織ヲ業トスル者二拾人。