○千手堂村(せんじゅどうむら)【埼玉県比企郡嵐山町千手堂】

本村古時玉川郷松山領に属す


彊域(きょういき)*1
東は菅谷村と耕地或は山林を接し、西は遠山村と山巒(さんらん)*2を界し、南は鎌形村と槻川を限り、北は平沢村と畦畔(けいはん)*3及び山巒を界とす。

   *1:境界内の土地。
   *2:ぐるぐるとめぐっている山つづき。
   *3:あぜ。

幅員(ふくいん)*1
東西十二町二十間 南北十一町二十間

   *1:ひろさ。はば。

管轄(かんかつ)沿革(えんかく)
天正十八年庚寅(かのえとら)(1590)徳川氏の有となり代官之れを支配す。田*1に高九十二石四斗三升五合とのす。享保八年癸卯(みずのとう)(1723)大岡越前守の領地となる。宝暦元年辛未(かのとひつじ)(1751)代官に復し、十三年癸未(みずのとひつじ)(1763)清水家の領地となり、寛政九年丁巳(ひのとみ)(1797)代官支配に属し、文政七年甲申(きのえさる)(1824)復清水家の領地となり、天保十三年壬寅(みずのえとら)(1842)松平大和守の領地に替(かわ)る。明治二年己巳(つちのとみ)(1869)前橋藩とな、四年辛未(かのとひつじ)(1871)七月前橋県と改り、十月群馬県に転じ、十一月入間県に隷(れい)し、六年癸酉(みずのととり)(1873)熊谷県に属す。

   *1:武蔵田園簿(正保期-1644〜1648-の武蔵国郷帳の控、各郡村高及び寄せ高、道のり等が書かれている。

里程(りてい)*1
熊谷県庁より西南の方四里四十四間。
四隣菅谷村へ十四町一間三尺、遠山村へ二十二町五十四間五尺、鎌形村へ十五町二十八間、平沢村へ十五町二十間四尺。
近傍*2宿町松山町へ二里十二町四十間四尺字上台を元標とす。
   *1:道のり。
   *2:近所。

地勢
林巒起伏し高低多く南方に槻川を帯ぶ、運輸不便薪炭贏餘(えいよ)*1。

   *1:あまり

地味(ちみ)*1
色赤白相混じ稲粱(とうりょう)*2に可なり。麦桑(ばくそう)*3に適せず、水利不便時々旱(かん)*4に苦しむ。

   *1:地質の良し悪し。
   *2:いねとあわ。
   *3:むぎとくわ。
   *4:ひでり。

税地
田  五町五反四畝七歩
畑  二十二町六反九畝十五歩
宅地 七反七畝六歩
山林 二町一反八畝二十二歩
総計 三十一町一反九畝十六歩


字地
上の台(うえのだい) 村の中央にあり。東西三町四十間南北二町三十間。
原(はら) 上の台の東に連る。東西三町二十間南北一町五十間。
山王(さんのう) 原の南方。東西二町南北三町三十間。
川坂 上の台の南。東西三町五十間南北一町五十間。
谷(やつ) 上の台の北。東西二町二十間南北二町五十間三尺。


貢租
地租  米二十九石六斗六升八合
     金十六円四十九銭三厘
賦金(ふきん)*1 金二円五銭
総計  米二十九石六斗六升八合
      金十八円五十四銭三厘

   *1:割り当ての金銭。

戸数
本籍 三十六戸平民
社  一戸村社
寺  二戸曹洞宗一宇 日蓮宗一宇
総計 三十九戸


人口
男 九十五口
女 百八口
総計 二百三口


牛馬
牡(をす)馬十頭


山川
雷電山 高五十丈周回(しゅうかい)*1不詳村の西にあり、樹木欝葱(うつそう)*2。山脈遠山村太平山に連(つらな)る。西方より上る二町。
   *1:まわり。
   *2:草木の青々と盛んに茂るさま。

槻川(つきがわ) 深処五尺浅処一尺。広処四十間狹処三十間。澄清急流。村の西方鎌形村より来り、東方菅谷村に入る。其間六町三十間。

槻川橋 熊谷道に属し村の南方槻川の下流に架(か)す。長十五間巾三尺。木製。


森林
林 民有に属し所々に散在す。反別二町一反八畝二十二歩。雑樹茂生す。


道路
熊谷道 村の南方鎌形村界より東方菅谷村界に至る。長九町三十二間三尺巾二間。


掲示場
村の東口より六町二十二間三尺にあり。


神社
春日社 村社々地東西十間三尺南北十七間三尺。面積百八十二坪。村の北方にあり。天津児屋根命(あめのこやねのみこと)*1を祭る。応和二年(おうわ)(962)観請(かんじょう)*2す。祭日四月十五日。

   *1:言霊の神、出世開運の神。
   *2:神仏の分霊を請じ迎えて祭ること。

仏寺
千手院 東西二十一間南北十一間。面積八百四十三坪。村の北にあり。曹洞宗遠山村遠山寺の末派なり。天文(てんぶん)中(1532-1555)僧伊芳開基(かいき)*1す。

光照寺 東西十七間三尺南北二十六間。面積四百五十三坪なり。日蓮宗下総国葛飾郡真間村弘法寺の末派。村の東方にあり。元和二年(げんな)(1616)僧日栄中興す。

   *1:寺院または宗派を創立した僧。

役場
事務所 村の西南戸長宅舎を仮用す。


物産
繭 四石二斗
米 四十八石
大麦 七十三石
小麦 五十石
桑 百駄
楮皮(ちょひ)*1 五百斤
生絹(すずし)*2 百疋
太織(ふとおり)*3 三十疋
木綿 三百反
薪 三百駄
炭 百駄
   *1:楮の皮、和紙の原料。
   *2:生糸のおりもの。
   *3:太糸を使って平織にした薄地の絹織物。

民業
男女農桑を専とす。