埼玉縣武蔵國比企郡七郷村大字吉田字宮田
 村社(そんしゃ)*1
         昭和二一、一○、一五 法人登記済
手白神社(てじろじんじゃ)
  *1:江戸幕府は寺院を通じて民衆を掌握していたが、明治政府は神道中心の宗教政策に転換し、1871年(明治4)に神社の社格制度を定めて神社を通して民衆を掌握していった。これにより埼玉の場合は大宮の氷川神社を官幣大社、次を県社、郷社、村社、無格社と定めた。村の鎮守は村社となった。この社格制度は敗戦により1945年(昭和20)に廃止になった。

一 祭神(さいじん)
 手白香姫命(たしらかひめのみこと)*1
 大貴巳命(おおきみのみこと)外六神
 大山祇命(おおやまつみのみこと)*2
 金山彦命(かなやまびこのみこと)*3
 高霊神(たかおかみのかみ)*4
 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)*5
  *1:手の神。
  *2:山の神。
  *3:鉱山、鍛冶(かじ)、金属技工(きんぞくぎこう)の神。
  *4:水を司る神。
  *5:水の神。

一 由緒(ゆいしょ) 天治元年(てんじ)(1124)九月十五日創立。明治四年中(1871)村社届濟(とどけずみ)。大正五年(1916)二月廿四日神饌幣帛料供進神社(しんせんへいはくりょうきょうしんじんじゃ)*1ト指定
  *1:勅令にもとづき、祈年祭、新嘗祭、例祭に神饌幣帛料を供進された神社。郷社は県から、村社は村から奉納された。

一 社殿 本殿 拝殿

一 境内 二百八十五坪

一 氏子 拾壹戸

一 境内神社
   稲荷神社
    祭神(さいじん)  倉稲魂命(うかみたまのみこと)*1
  *1:五穀(ごこく)の神。

    由緒 不詳(ふしょう)
 大正二年(1913)九月二十三日同大字字宮山(みややま)村社六所神社境内社稲荷神社、同大字字陣屋(じんや)村社峯野神社(みねのじんじゃ)境内社稲荷神社、仝大字字長竹(ながたけ)無格社(むかくしゃ)稲荷神社ノ三社ヲ本社ヘ合祀ス

    社殿 本殿

 由緒(ゆいしょ)追記(ついき) 大正二年(1913)九月二十三日同大字字宮山村社六所神社、字陣屋東(じんやひがし)村社峯野神社、同境内社琴平(ことひら)神社、字西ノ谷村社五龍神社、字宮田無格社巖島(いつくしま)神社ノ五社ヲ本社ヘ合祀ス
 大正九年(1920)九月二十日本殿改築(かいちく)許可仝年十月二日竣工(しゅんこう)
 昭和十三年(1938)四月二十八日隣接(りんせつ)山林百三十三坪境内取擴(とりひろげ)竝(ならびに)上地(あげち)許可

P1000318
2005年10月16日撮影

P1000319

P1000322
皇紀2552年は西暦1892年(明治25)。

※手白神社の写真は『GD OF FIRE 神社ぐでぐで参拝記』の記事「手白神社」もご覧下さい。

※手白神社境内図(『埼玉の神社 大里・北葛飾・比企』(埼玉県神社庁、1992年)1421頁)
手白神社