埼玉縣武蔵國比企郡七里村大字越畑字日向
  村社(そんしゃ)*1
          昭和二一、一○、一五 法人登記済
  *1:江戸幕府は寺院を通じて民衆を掌握していたが、明治政府は神道中心の宗教政策に転換し、1871年(明治4)に神社の社格制度を定めて神社を通して民衆を掌握していった。これにより埼玉の場合は大宮の氷川神社を官幣大社(かんぺいたいしゃ)、次を県社、郷社、村社、無格社と定めた。村の鎮守は村社となった。この社格制度は敗戦により1946年(昭和21)に廃止になった。

 八宮(やみや)神社

一 祭神(さいじん)
    応神(おうじん)天皇*1
    木花開夜姫命(このはなさくやひめのみこと)*2
    大雷神(おおいかずちのかみ)*3
    天照大御神(あまてらすおおみかみ)
    倉稲魂命(うかみたまのみこと)*4
    大山祇命(おおやまつみのみこと)*5
    櫛八玉神(くしやたまのかみ)*6
    品陀別命(ほんだわけのみこと)*7
  *1:諱(いみな)は誉田別尊(ほむたわけのみこと)。皇統では、第14代仲哀天皇と第16代仁徳天皇の間の第15代天皇(在位、西暦270年〜310年)であるが、4世紀末から5世紀初頭の頃在位したとみられる大王。記紀(古事記・日本書紀)では、治世中に多数の渡来人が来て漢字や儒教、養蚕など大陸の文物・技術を伝えた。騎馬民族説では、朝鮮から渡来した征服王朝ともいう。
  *2:富士山の神、安産や酒造りの神。
  *3:雷の神。
  *4:五穀(ごこく)をつかさどる神。
  *5:山の神。
  *6:漁労(ぎょろう)・調理の神。
  *7:『古事記』で応神天皇のこと。

一 由緒(ゆいしょ) 勧請(かんじょう)人皇(にんのう)四十七代*1聖武天皇(しょうむ)ノ御宇(おんう)*2ト申ス、其後承平(しょうへい)年中(931−938)経基公*3関東征討ノ節此ニ祈願シ遂ニ八ヶ所ニ是(これ)ヲ祭ルト云フ。明治四年(1871)中村社(そんしゃ)届濟(とどけずみ)。
  明治三十二年(1899)五月二十二日八幡神社ヲ八宮神社ト訂正ス。
  明治四十年(1907)四月十日大字越畑字冨士山無格社浅間神社、字幡後谷前無格社雷電社、字柳原無格社神明社、字社宮司無格社社宮司社、字後谷無格社山神社、字下串引無格社大天獏社、字大堂無格社八大社、字清水無格社八幡社ノ八社ヲ本社ニ合祀(ごうし)ス。大正八年(1919)十二月二十二日拝殿幣殿(へいでん)*4改築許可。大正九年(1920)四月十五日竣工。
  *1:皇統では四十五代が正しい。
  *2:御代。
  *3:清和天皇の第六皇子貞純親王の子で源経基のこと。源氏姓を賜り、源氏姓の祖。後に平将門追討の征東副将軍になる。鴻巣市には「伝源経基館跡」県史跡がある。
  *4:神への捧物(ささげもの)を置く所。拝殿と本殿の間にある。

一 社殿 本殿

一 境内 四百三十一坪

一 氏子 八拾八戸

  由緒(ゆいしょ)追記(ついき)
    大正十一年(1922)三月二十日神饌幣帛料(しんせんへいはくりょう)供進神社(きょうしんじんじゃ)ト指定セラル

※街頭で「越畑の八宮神社はどこですか」と尋ねられて答えられますか。『柴田よしきの日記』さんの「越畑八宮神社」。

00443

00442

00440

00437

00435

00434

00432

00429
2003年5月22日 小川京一郎さん撮影
※八宮神社境内図(『埼玉の神社 大里・北葛飾・比企』(埼玉県神社庁、1992年)1437頁
八宮神社(越畑)