埼玉縣武蔵國比企郡菅谷村大字遠山字蛇跡
  村社
 八幡神社

一 祭神(さいじん) 譽田別命(ほむたわけのみこと)*1
  *1:皇統では、第14代仲哀天皇と第16代仁徳天皇の間の第15代応神天皇(在位、西暦270年〜310年)であるが、4世紀末から5世紀初頭の頃在位したとみられる大王。記紀(古事記・日本書紀)では、治世中に多数の渡来人が来て漢字や儒教、養蚕など大陸の文物・技術を伝えた。騎馬民族説では、朝鮮から渡来した征服王朝ともいう。

一 由緒(ゆいしょ) 創立年月不詳明治四年中(1871)村社書上濟(すみ)

一 社殿 本殿

一 境内 四百十七坪

一 氏子 貮拾参戸

遠山八幡19770403web
遠山八幡神社春季例大祭記念 1977年(昭和52)4月3日

00003

00006

00015

00014

00010

00007

00017

00020

00022
2003年5月14日 小川京一郎さん撮影
※八幡神社境内図(『埼玉の神社 大里・北葛飾・比企』(埼玉県神社庁、1992年)1429頁
八幡神社(遠山)