GO! GO! 嵐山 3

嵐山ふるさと塾・チーム嵐山

七郷地区

七郷村誌原稿目次

  古里村(社寺明細帳)

  古里村(地籍帳)

  古里村(村誌)

  吉田村(社寺明細帳)

  吉田村(地籍帳)

  吉田村(村誌)

  越畑村(地籍)

  越畑村(村誌)

  越畑村(神社明細帳)

  勝田村(地誌)

  勝田村(社寺明細帳)

  広野村(村誌)

  広野村(地籍帳)

  広野村(社寺明細帳) 

  広野村(社寺明細帳・鬼鎮神社)

  杉山村(村誌)

  杉山村(地籍帳)

  杉山村(社寺明細帳)

  太郎丸村(村誌)

  太郎丸村(地籍帳)

  太郎丸村(神社明細帳)

七郷の学校統廃合問題

嵐山町北部の七か村は1884年(明治17)越畑村連合となった。この当時、連合内には、杉山学校(1873年創立)と吉田学校(1879年創立)の二つの小学校があったが、1886年(明治19)、二校は統合されて大字越畑に昇進学校が設立された。1889年(明治22)には町村制が施行され、越畑村連合の各村は、広野村川島が菅谷村に合併した外は、合併して七郷村となり、昇進学校は七郷尋常小学校と改称された。

 1894年(明治27)、七郷村では、新たに学区制を設け、村内に二つの小学校を置くことになった。大字古里・吉田・越畑及び勝田・広野の一部を通学区とする第一七郷小学校と、大字杉山・太郎丸及び勝田・広野の一部を通学区とする第二七郷小学校である。

 しかし、九年後に事件は起った。1903年(明治36)10月12日に学区廃止調査委員会が、従来の学区を廃止、七郷村中央に一校を新築し高等科を併設する事を決議、これは10月18日の村議会において満場一致で可決された。ところが、思わぬ所から横槍が入った。12月10日、比企郡長山田奈津次郎が七郷村へ来村、小学校の統合に反対し、第二小学校の存続を強く支持したと思われる。12月20日、村会議長から郡長に対し、「お考えには応ぜられぬ」と答申、村会と郡長の間に於て意見が相違し村会議決事項の施行が困難となった。村会議員十一名は連署して辞職届を村長に提出、久保三源次村長もまた「去ル十月十八日ノ決議ノ件ニ対シ責任ヲ重ジ、茲(ここ)ニ辞職候也」と辞職届を郡長宛提出、さらに第一小学校学務委員三名も辞職届を出した。こうして学校統合問題のもつれは村長、村会議員などの退陣へと進展し、この問題は一時中断することになる。

 翌1904年(明治37)12月20日、村長久保三源次は埼玉県知事に陳情書を提出した。その中で、第一小と第二小の二校の存続は、村を二分することになり、村民の円満を欠く状態となること、経済上からも二校を維持してゆくために村民に多くの経済負担を強いていることを挙げ、更に統合によって、高等科を併置し学校教育の基礎を確定することが出来ると主張した。そして第二学区住民の中に統合に同意しない者がいることを理由として、その実施を躊躇(ちゅうちょ)している郡長に対して、「県知事閣下より適切な御指示をお願いします」と切々と現状打開を陳情した。

 その後、五年の歳月を経て、1909年(明治42)第一・第二の学区は廃止され、七郷尋常高等小学校が現在の七郷小学校の校地に誕生したのである。思うに広域の学校の統廃合には、想像を絶する軋轢があるものだろう。

    博物誌だより85(嵐山町『広報』2001年8月号掲載)より作成

正・副戸長と村政

 1871年(明治4)、戸籍法が定められその担当者として戸長制度が設置された。翌年大小区の行政区画の実施により大区には区長、小区には戸長が置かれることが定められ、政府の地方支配機構の末端に位置するものとして戸長は誕生した。

 1872年(明治5)には従来の村方三役(名主・与頭・百姓代)の称は廃止され、正・副戸長となった。戸長は選挙によって選ばれ、その年限は三年から四年とされていた。選挙は「不動産のなき者・婦人・十五歳以下の者・戸主に非ざる者・懲役一年以上の刑を受け放免後満三年を過ざる者」は除いた村民達の投票で行われたが、多数の投票を得たもの二、三名の中から「当役官選ニ任スベシ」として、県庁役場において選任した。根岸村の根岸太之吉は1874年(明治7)、熊谷県から「戸長申付候事」という辞令を交付されている。選挙といってもやはりお上から申し付けられる役職であったようである。

 正・副戸長職は「其村之土地人民ヲ保護シ各自主之権力ヲ保チ他人ノ妨害ヲ防キ上意ヲ下達シ下情ヲ上通スルノ任ナレバ尤公正忠愛ノ人ヲ選挙セサルヘカラス」ということで、戸長の適格性は述べつくされている。1875年(明治8)にも正副戸長心得が出されているが「其部内の保護と上布令の旨趣を奉し下人民の勤惰を監視し丁寧親切に?正すへし」とその役割を示している。

 正副戸長の仕事を特定することは困難だが1875年(明治8)から1884年(明治17)にかけて記録された各村の「戸長役場備置帳簿」を見ると、共通しているものに戸籍簿・田畑反別名寄帳・地代台帳、地引帳・租税割賦帳・租税取立帳・田畑質地押印帳・地所売買譲渡公証割印帳・村議定書・五人組帳等がある。思うに村民一戸一戸に対する把握、村民の集合体である村経営の掟を定めること、村民の所有する土地の把握、それから生ずる租税に関する割当、取立、皆済の仕事、或いは土地の売買、質入に対する戸長の奥印・証明等々が主たる仕事であった。前出1875年(明治8)の「正副戸長心得」に賦課・収税・請願伺等の戸長奥書、公布諸達の衆知について注意すべき点を教諭しているのと附会する。

 村の財政を司るのも戸長の役目であった。1884年(明治17)から1888年(明治21)の五年間の古里村の村費を見ると次の通りである。村費は地租の三分の一と定められているので、ここの村費が全額とも思れないが支出が明細でなく、丼勘定の感が強い。1874年(明治7)の古里村の「記」とされている書付をみると会所入費・学校入費・筆墨紙ろうそく代・炭代・出県入費・学校入費及び定使給等が記載され、やや細かい状況が把握できる。最後に1883年(明治16)、古里村戸長安藤貞良が村勢を調査したものが残されているので、それを見よう。


 町村名 古里村

  人口 四百五十七人

  戸数 八十四戸

  田畑山林総反別 弐百弐町八反八畝十二歩

  病院 ナシ

  学校 五ヶ村聯合吉田学校エ通学

  村社名 兵執神社【ヘ執のヘはふねが訓の漢字】

  戸長役場 第四十二番地安藤貞良自宅貸用ス


 戸長役場は戸長の自宅であったことがわかるが、1876年(明治9)調査の『武蔵国郡村誌』においても嵐山町旧十六村すべて「戸長宅舎を仮用す」となっているから、聯合戸長制或いは1889年(明治22)の市町村制施行まではこんな状況だったのだろう。七ヶ村が合併して七郷村になり1897年(明治30)に至ってようやく役場が新設されるようになる。

  参考資料:中村常男家文書943 正副戸長選挙規程

               内田喜雄家文書95 平沢村 村役場附書類目録 明治8年

               根岸茂夫家文書37 根岸村 戸長役場帳簿目録 明治17年

               根岸茂夫家文書10 根岸村 戸長辞令書 明治7年

               藤野治彦家文書188 吉田村 戸長役場備置帳簿預リ証 明治17年

通俗巡回文庫始まる 1910年

 1909年(明治42)9月、埼玉県知事は「教育ノ普及並青年修養ノ資ニ供スルノ目的」をもつて「通俗巡回文庫」を設置しました。全県を6方面48区に区分し、一定量の図書を巡回閲覧させ、義務教育以後の青年女子の修養と風紀の振興と知識の開発を意図したものでした。
 この時期公共の図書閲覧機関が極めて未発達で、本を読む機会に乏しかった地域の人々にとっては本に接する良い機会だったことでしょう。翌年6月、七郷村に巡回文庫が到着し、新築なった七郷小学校で開始式が行われました。
 どんな本がどのように巡回されたか、吉田・広野・古里地域の例を図示してみました。一度に25冊〜37冊の本が配られ、一ヶ所に13日滞留させました。小学校長が事務取扱となり、一週間以内の貸出しもしたようですが、主として小学校を閲覧所としていました。本の種類は伝記・道徳・農業・女性・家庭に関するものが多く、小説や娯楽類の読み物はほとんどみあたりません。
 1914年(大正3)の比企郡下の文庫閲覧人員を10月末より翌3月10日まで130日間の統計でみますと、3万1284人で、一日凡そ240人の人々が本を読んだことが分かります。
 普及利用の程度、或いは効果は即断できませんが、知事が「是ヲ以テ、(中略)図書館設置ノ基礎ヲ為スニ至ルベシ」と告諭した通り、これが図書館の先駆となりました。
 七郷青年興農会学集部々長馬場覚司の名前で、金泉寺に於いて図書館開館式の挙行が案内された文書が残されています。年不詳ではあるが、恐らく若かった馬場覚司が活躍した大正10年代(1920年代前半)のことだと思われます(市川貢家文書7172)。

   付 巡回文庫図書目録・回覧順序図

※資料 根岸茂夫家文書150、井上清家文書88、市川貢家文書2351、『小川町の歴史 資料編(近代)』

 →「七郷村郷土研究91 社会教育 青年会」、「菅谷村郷土誌20 教育会、同窓会、青年会の沿革

空から見た嵐山町 359 七郷地区 2011年10月

嵐山町七郷地区(ななさと)
P1090040webword
2011年10月4日、内田泰永さん撮影

A:下沼(三ツ沼)、B:中沼(三ツ沼)【沼下が太郎丸内谷(うちやつ)】、C:元・五重谷沼?、D:元・与左衛門沼?(嵐山町太郎丸)(たろうまる)
E:嵐山若草保育園、嵐山中部第5貯水池、F:扇沼、G:深谷沼(ふかやつぬま)、H:広野下郷集会所、I:嵐山中部第4貯水池、J:八宮神社、K:嵐山中部第3貯水池、L:広正寺、M:JA埼玉中央ライスセンター(嵐山町広野)(lひろの)
N:嵐山町役場、O:原沼、P:嵐山町立玉ノ岡中学校、Q:積善寺(しゃくぜんじ)(天台宗)、R:杉山城趾、S:セイメイファーム、T:八宮神社、U:嵐山小川インターチェンジ(関越自動車道)、V:嵐山中部第2貯水池(嵐山町杉山)(すぎやま)
W:嵐山中部第1貯水池、X:八宮神社(嵐山町越畑)(おっぱた)
Y:嵐山町立七郷小学校、Z:嵐山町第三配水場(嵐山町吉田)(よしだ)
a:凸版深谷工場(深谷市本田)
b:川本春日丘工業団地(深谷市白草台)
c:ワンビシアーカイブズ関東第3センター・WANBISHI関東TOSSセンター寄居(寄居町今市)
d:アイリスオオヤマ埼玉工場(深谷市畠山)
e:ワンビシアーカイブズ関東第2センター(小川町能増)
f:本田技研工業埼玉製造所寄居工場(寄居町富田)
g:本田技研工業埼玉製造所小川工場(小川町ひばり台)

古い写真 七郷村農業会職員 1944年1月

七郷村農業会職員
市川貢家121
1944年(昭和19)1月1日撮影

※前列左から
大沢賢治理事、荻山忠治常務、七郷駐在巡査、阿部寶作七郷村助役、市川武市七郷村長、田畑周一、大塚禎助、安藤安雄、野口正信養蚕指導員

※後列左五人目から
安藤弘、井上勇、奥田初太郎、杉田忠二、福島清三郎

※農業会:「農業団体法」(1943年3月11日)により、それまでの産業組合と農会を統合して作られた。「農業に関する国策に即応し農業の整備発達を図り且つ会員の農業及び経済の発達に必要なる事業を行うことを目的」(農業団体法第10条)とした法人。「農業協同組合法の制定に伴う農業団体の整理等に関する法律」(1947年12月15日)により廃止され、1948年(昭和23)8月15日法定解散した。

古い写真 七郷村役場職員 1944年1月

七郷村役場職員
市川貢家119
1944年(昭和19)1月1日撮影

※前列左から
藤野菊次郎書記、阿部寶作七郷村助役、市川武市七郷村長、船戸常作七郷村収入役、七郷駐在所巡査

※後列左から
大門総子、田畑周一、福島富子、藤田正作、田島利徳、田畑義一

古い写真 七郷村産業組合職員 1943年1月

七郷村信用購買販売利用組合職員
市川貢家117
1943年(昭和18)1月1日撮影

※前列左から
野口正信養蚕指導員、阿部寶作理事、田畑周一、市川武市、染谷純忠七郷駐在所巡査、安藤安雄、藤野平次

※後列左から
安藤弘、長島秀治、奥田初太郎、小林政市、中村勝、藤野冨美夫、大塚はる、強瀬藤枝

※産業組合の四事業
 信用(しんよう):組合員の貯金の受け入れ。生産や生活に必要な資金の貸付。為替の取り扱い。
 購買(こうばい):組合員の生産に必要な資材、生活用品を共同購入。
 販売(はんばい):組合員が生産した産物を共同で有利に販売。
 利用(りよう):組合員が個人では持てない生産・生活関連施設を共同で設置し、利用。

※七郷産業組合については「市川藤三郎と産業組合」。

古い写真 七郷村役場職員 1943年1月

七郷村役場職員
市川貢家118
1943年(昭和18)1月1日撮影

※前列左から
富田健吾、船戸常作七郷村収入役、阿部寶作七郷村助役、市川武市七郷村長、染谷純忠七郷駐在所巡査、田畑周一、安藤勇

※後列左から
田畑義一、福島富子、大門総子、永島栄子、藤田正作

古い写真 七郷村役場・産業組合職員 1942年1月

七郷村役場、七郷村産業組合職員
市川貢家116
1942年(昭和17)1月1日撮影

※前列左から 役は役場、信は産業組合
田畑周一(信)、富田健吾(役)、藤野菊次郎(役)、市川武一村長、阿部寶作助役、船戸常作収入役、馬場芳治(役)
※後列左から 役は役場、信は産業組合
馬場みつ(役)、安藤弘(信)、野口養蚕技術員、中村武一、藤野平治(信)、中村勝(信)、奥田初太郎(信)、田畑儀一(役)

古い写真 七郷村歴代村長 1942年1月

初雁鳴彦前村長に退職記念品贈呈
市川貢家115
1942年(昭和17)1月1日撮影

※前列左から
久保秀雄七郷国民学校長、安藤己代治陸軍大尉
久保三源次前七郷村長
 1903年(明治36)4月8日−1907年(明治40)4月7日
 1912年(明治45)3月4日−1916年(大正5)1月8日
初雁鳴彦前七郷村長
 1924年(大正13)2月12日−1928年(昭和3)2月11日
 1928年(昭和3)2月12日−1929年(昭和4)3月15日
 1940年(昭和15)3月23日−1941年(昭和16)7月11日
栗原侃一前七郷村長
 1930年(昭和5)10月25日−1934年(昭和9)10月24日
 1934年(昭和9)10月31日−1936年(昭和11)1月18日
 1936年(昭和11)2月28日−1940年(昭和15)2月27日
結城七郷駐在所巡査
※後列左から
阿部寶作七郷村助役
 1941年(昭和16)8月18日−1945年(昭和20)8月17日
 1945年(昭和20)8月18日−1947年(昭和22)4月6日
市川武市七郷村長
 1941年(昭和16)7月25日−1945年(昭和20)7月24日
 1945年(昭和20)8月5日−1946年(昭和21)5月22日
 1946年(昭和21)6月21日−1946年(昭和21)11月1日
藤野菊次郎、田畑周一

古い写真 七郷農協職員 1955年1月

市川武市組合長ほか七郷農業協同組合職員
市川貢家126
1955年(昭和30)1月1日撮影

古い写真 七郷農協職員 1957年1月

市川武市組合長と七郷農業協同組合職員
市川貢家130
1957年(昭和32)1月1日撮影

古い写真 七郷婦人会役員

七郷婦人会役員
市川貢家135
撮影年不明

古い写真 嵐山町成人式 1969年1月

嵐山町成人式
市川貢家138

七郷地区新成人

市川貢家140
1969年(昭和44)1月5日、菅谷中学校講堂で撮影

LINKS
記事検索
最新コメント
最新記事(画像付)
Categories
GO! GO! 嵐山
GO! GO! 嵐山 2
GO!GO!嵐山 4
里やまのくらしを記録する会
嵐山石造物調査会
武谷敏子の自分史ノート
嵐山町の古文書を読む会