GO! GO! 嵐山 3

嵐山ふるさと塾・チーム嵐山

志賀二区

空から見た嵐山町 308 志賀二区 2011年5月

志賀二区
P1210743webword
2011年5月18日、内田泰永さん撮影

A:吹上公園(むさし台2)
B:ヤオコー嵐山東口店(むさし台3)
C:蜻蛉橋上緑地、D:志賀二区自治会館(志賀)
E:川袋橋(市野川)
F:埼玉県道296号菅谷寄居線
G:志賀小学校、H:志賀堂沼(志賀)

空から見た嵐山町 307 志賀二区 2011年5月

志賀二区
P1210732webword
2011年5月18日、内田泰永さん撮影

A:志賀二区第一公園(川島)
B:嵐山志賀郵便局(志賀)
C:鶴巻運動公園、D:知識の森嵐山町立図書館(むさし台3)
E:志賀二区自治会館(志賀)
F:川袋橋(市野川)

空から見た嵐山町 306 むさし台・志賀2区 2011年5月

むさし台・志賀二区
P1210845webword
2011年5月18日、内田泰永さん撮影

A:鶴巻運動公園(むさし台3)
B:新田沼公園(むさし台1)
C:東側公園(むさし台2)
D:知識の森嵐山町立図書館、E:ヤオコー嵐山東口店(むさし台3)
F:蜻蛉橋上緑地、G:志賀二区自治会館(志賀)

嵐山町の桜 志賀二区 2010年4月8日

志賀二区
DSC00622
2010年4月8日撮影

嵐山町の桜 蜻蛉橋(志賀二区) 2010年4月8日

蜻蛉橋(志賀二区)
DSC00550
2010年4月8日撮影

嵐山町の桜 志賀二区 2009年4月5日

志賀二区

1
志賀二区自治会館

DSC00052

2
志賀二区自治会館

DSC00053

3
DSC00054

4
DSC00055

5
DSC00057
2009年4月5日、井島宏さん撮影

嵐山町の桜 志賀二区 2010年4月6日

志賀二区

1
DSC03062

2
志賀二区自治会館
DSC03071

3
志賀二区自治会館
DSC03076

4
DSC03074
2010年4月6日、井島宏さん撮影

嵐山町の桜 志賀二区 2010年3月30日

志賀二区自治会館
P1000088

地産団地商店街入口
P1000089
2010年3月30日、井島宏さん撮影

古い写真 地産団地建築現場 1971年6月

九月入居を目指し突貫工事の地産団地

1
18-536

2
18-537

3
18-535

4
18-539
1971年(昭和46)6月撮影

古い写真 地産団地造成現場 1971年1月

地産団地造成現場

1
56-1337

2
56-1340

3
56-1341

4
56-1343

5
56-1344

6
56-1345
現・嵐山町志賀二区

チサン団地の建設が始まった。48年(1973)までに873戸の家を建築分譲する。これが完成すると人口は3000人ぐらい増加し、新しい変化が嵐山町にも起るだろう。
     『嵐山町報道』210号 1971年(昭和46)1月25日

ともろう会のあゆみ 5(更新) 1982年4月〜1983年3月

●4月9日 第五回総会

●5月6日 「ともろう会事務局だより」27号発行
   自立を目標に/お陰さまでともろう会も五周年を迎えるまでに成長しました。/基礎づくりの段階から、今年は一歩前進して、ひとつの目標に向けて意識をもり上げていきたいと思います。/犲立をめざして、まず自分の考えを持ちましょう
   会長・武谷敏子/副会長・西野万亀子/事務局長・森恭子/会計・加藤圭子・北原恵子/書記・比嘉和代・大山幸子/会計・中野光子/監査・中山富子
   生活教養部長・鈴木育代/〃副部長・大畠勢津子/文化部長・三井幸子/〃副部長・安在清子/レク部長・町沢朝子/〃副部長・大沢祥子/広報部長・岡田元子/〃副部長・根岸和江/ボランティア部長・関根マサ/〃副部長・井上睦美
   地区連絡員:斉藤冨子・高木和歌子・中田邦子・田中君子・千代田恭子・清水千鶴子・小室圭子・鶴田千枝子・小室とみ子
   4月30日現在会員数115名

●5月7日 スポーツレクレーション第一回実行委員会

●5月21日 スポーツレクレーション 第一公園

●5月28日 テレビ埼玉「みんなの広場」に出演

●6月4日 七宝焼き講習会

●6月22日 レク部 バトミントン

●6月25日 リーダー研修 三峯神社 27名参加

●6月25日 「ともろう会事務局だより」28号発行
   経過報告(5月):スポーツレクリェーション(実行委員会4回)/埼玉テレビ出演(民踊の練習3回)/役員会/ボランティアグループ ユートピア訪問/自治会館清掃/第一公園清掃/広報部(3回)/自治会運動会協力/教養部部会
   経過報告(6月):広報部部会(5回)/文化部 七宝焼/教養部 部会・新聞社見学/レク部 ジャズダンス/ボランティア部会/自治会館清掃/嵐山町婦人連絡会/地区懇談会(5地区)

●7月2日 文化部 藤手芸

●7月3日 「教育は死なず」試写会

●7月6日 ボランティアグループ ユートピア訪問

●7月  「茜雲」14号発行

●7月13日 教養部講演会「飲み水の安全性について」 中央公民館

●7月20日 自治会館清掃

●7月20日 ボランティアグループ 深谷福祉大学看護学習会 22名参加

●7月26日 「ともろう会事務局だより」29号発行
   経過報告(6月):リーダー研修 27名参加/レク部 卓球・バトミントン/教養部 映画「人間を返せ」話合 生協合同
   経過報告(7月):映画「教育は死なず」試写会 役員会/レク部 ジャズ体操/ボランティア ユートピア慰問/深谷福祉大学 看護学習会/広報部 茜雲14号発行 反省会/教養部 部会(2回) 講演会46名参加/文化部 藤手芸

●7月31日・8月1日 商店街主催夏まつり協力

●8月17日 自治会館清掃

●8月28日 若林繁太先生講演会、「教育は死なず」映画会
   チケット売上75万9000円

●9月 レク部 民踊の練習

●9月 ボランティアグループ 寿楽会との交流会

●9月 ボランティアグループ ユートピア納涼大会に参加

●9月 教養部 中学の先生をまじえて映画の話合い

●9月 文化部 和紙工芸

●9月17日 「ともろう会事務局だより」30号発行
   経過報告(7月):商店街夏まつり手伝い
   経過報告(8月):第五回運営委員会/嵐山町盆踊り大会6名参加/犇軌蕕六爐覆梱畊岷蕕髪撚茵ゞ詰槁協力/ボランティア 寿楽会交流会打合/ボランティア ユートピア納涼大会練習3回/ボランティア 青少年健全育成総決起大会出席/ボランティア 部会
   経過報告(9月):役員会/広報部 茜雲第15号編集会議/教養部 反省会/レクリェーション部 スポーツレクリーダー養成講座7名参加/文化部 和紙工芸26名参加

●9月17日 ゆかた作り

●9月18日 作品展実行委員会

●9月21日 ボランティアグループ 寿楽会との交流会
   地域に広がるボランティア/ボランティアグループでは九月二十一日、寿楽会の皆様をお招きし、手作りの昼食をかこみながら、歌に踊り、又おしゃべりと一時を楽しくすごしました。/寿楽会の皆様は来年を楽しみにしているとの事。少しでも私達の活動がお年よりに、又地域の皆様にお役に立つように努力していきたいと思っています。/皆様と手をつなぎ住みよい町にして行きましょう。


●9月22日 レク部 ダンスの練習

●9月22日 教養部 西武美術館で故宮博物館美術鑑賞

●9月25日 婦人会連絡会

●9月28日 ボランティアグループ 北海道婦人会交流会

●9月30日 ボランティアグループ 奈良県婦人会交流会

●10月1日 広報部 部会

●10月10日 町民体育祭

●10月13日 文化部 パンフラワー講習会

●10月21日 バスハイク 日光

●10月25日 文化部 パンフラワー講習会

●11月12日・13日 第三回作品展

●12月2日 「ともろう会事務局だより」31号発行
   経過報告(9月):作品展実行委員会/婦人会連絡会議/ボランティアグループ 交流会(北海道・奈良県) 寿楽会とのお楽しみ会/広報部 編集会議/レク部 ジャズダンス・民踊等/レクリーダー研修 九月〜十一月(五回)/教養部 西武美術館へ美術鑑賞/各地区 作品展の準備
   経過報告(10月):役員会/町民体育祭/バスハイク 40名/交流会 長野県/作品展実行委員会/レク部・ボランティアグループ 部会/文化部 パンフラワー講習会/教養部 洗剤についての部会/各地区 作品展の準備
   経過報告(11月):嵐山まつり 接待と、お弁当づくり 踊り/歩け歩け大会の接待/作品展/七つのお祝/レク部 お鍋を囲む会/広報部 編集会議/ボランティア部 民生委員の方との会合/文化部 作品展に出品/教養部 粉石けんP・R 作品展会場で/各地区 作品展の反省会

●12月3日 教養部 電気教室

●12月7日 新年会実行委員会

●12月11日・12日 武蔵野ユートピアのチャリティバザー 自治会館

●12月13日 自治会館大掃除

●12月14日 教養部 部会

●12月中旬 レク部 部会

●12月16日 ボランティアグループ ユートピア大掃除 シーツ交換

●12月 広報部 茜雲発行

●1月11日 新年会

●1月30日 ボランティアグループ 手づくり音楽祭に協力
   障害者の文化をひろめ、市民の啓蒙運動を目的として行われる、みんなでつくる犲蠅鼎り音楽会瓩慇非協力をとの呼びかけがありました。/協力内容は、チケット販売、資金カンパ、当日の障害者の介助などです。/ともろう会としてボランティアグループがこれに応えることになりました。又予備費の中から一〇〇〇〇円を寄付いたします。チケット販売については是非ご協力下さるようお願いします。/場所 東松山文化会館/実行委員会の主な団体・障害児をかかえる親の会・肢障協・東松山手話サークル・嵐山手話を学ぶ会・生協ママさんコーラス・青い鳥福祉会・比企守る会

●2月1日 レク部 社交ダンス

●2月4日 文化部 お菓子づくり

●2月5日・6日 ボランティアグループ 研修旅行 笠間市

●2月7日 「ともろう会事務局だより」32号発行
   経過報告(12月):運営委員会/新年会実行委員会/自治会館大掃除/教養部・文化部合同 電気教室/レク部 ダンス・部会/広報部 あかね雲15号発行・部会/各地区 新年会へのとりくみ
   経過報告(1月):新年会/役員会/運営委員会/教養部 かるた会/広報部 部会/ボランティアグループ 手づくり音楽会手伝い/各地区 新年会練習会 反省会

●2月7日 新役員選考委員会

●2月18日 役員会

●2月22日 レク部 卓球・バトミントン

●2月22日 広報部 部会

●2月23日 文化部 部会

●2月25日 運営委員会

●2月 教養部 部会

●3月7日 「ともろう会事務局だより」33号発行
  五年のあとに
 五年を経過した現在、当所の目標である親睦を達したと思われます。
 これからは、会の主旨に沿うべく、あらためて考えていかなければなりません。ともろう会の主旨として猊愎佑慮上瓩魴任欧討ります。
 そのために学習をくり返し、現代社会の(地域社会の)担い手としての力を養っていく必要があります。母である前に、社会人として、人間として、今、何をなすべきか、みんなで考えてみましょう。
 ともろう会の今後の課題は、五年の基礎の上に積み上げる努力を出し合うことだと思います。

 役員選考委員:◎関根マサ、大島勢津子、小竹愛子、西村弘美、小沢律子、上野卓美、鶴田千恵子

 経過報告:各部 ボランティアグループ 笠間市研修旅行、ユートピア訪問、反省会/文化部 シュークリーム作り、反省会/広報、教養部 反省会/レク部 ダンス講習会、卓球、バトミントン、反省会。地区/今年度の反省会/役員会 選考委員会、役員会

 民踊同好会に名前がつきました。その名は狄瓩任后

●3月15日 自治会館清掃

地産団地の造成 6 1971年

地産団地の造成

16
18-569

17
18-570

18
18-571
1971年(昭和46)1月24日撮影

嵐山町と(株)地産で造成に関する協議書成立
諸負担金 一億二千五百万円
造成地八百二十七平方メートル

昭和四十五年(1970)七月三十日、議会において地産団地対策特別委員会(委員長 高橋行雄)を設置、六回に及ぶ委員会を開催し、地産団地対策報告書を作成し町に提出した。
町長は、地産団地対策報告書を基本にして十一月十四日、(株)地産と開発行為に伴なう公共施設の管理に関する協議中の負担金及び開発区域内の公共施設は都市計画法第三十三条及び町の基本計画に従い良好な都市環境の形成に努めることで協議書が成立した。
協議書の内容は次のとおり
◎上水道負担金、ごみ処理施設負担金、及び小中学校教育費負担金をあわせて負担金納付額は一億二千五百万円並びに造成地五区画八百二十七平方メートルの寄附である。
◎都市施設関係(道路、河川、遊水池、排水路、上下水道)
○道路で巾員六メートル以上は完全舗装、巾員六メートル未満は簡易舗装にし、両側に排水をつける。
幹線道路には歩道をつける
○河川の溢水のおそれのある区間及び遊水池は、地産の責任において整備すると共に幹線排水路も河川に準ずる。
○農業排水路に下水を放流しない。
○河川に汚水を放流する場合には汚水処理施設を設ける。
○現在の簡易水道では水源、配水施設等では不十分であるので、上水道事業により本地域に給水するため工事費の一部を町に寄附する。
○団地内の配水管並びに給水栓までは(株)地産が負担する。
◎環境整備関係(農地等、公園、消火栓、貯水槽、集会所、保育園、幼稚園、ごみ処理、学校、街路灯、商業関係、その他公共用地等)
○農地の保全に支障を生じた時また農地を転用することによって、かんがい用水及び排水に支障のおそれのある場合等は(株)地産が責任をもって必要な措置を講ずる。
○農耕地との境界には、防災の施設をつくる。
○農道については耕作上不便をきたさないように措置する。
○公園は千平方メートル以上の公園を二ヶ所以上設置する。
○消火栓、貯水槽は消防法に基づく消防水利の基準に従い設置する。
○集会所は建物八十平方メートル以上、敷地九百平方メートル以上で設置する。
○幼稚園施設用地として九百平方メートル以上確保し、保育所用地も確保しておく。
○ごみ処理は、小川町ほか五ヶ町村衛生組合によって焼却方法により共同処理する。
○学校については、児童生徒の急増が予想されるので、小中学校の校舎、その他の教育として負担する
○街路灯は、地域内が隈無く明るくなるよう出来限り数多くつける。
○造成にあたり団地内商店については、町内既存業の入居については格段の配慮されたい。
○治安対策上必要があるので、駐在所の設置は担当官庁と相談の上、設置する。
◎その他
○団地造成にあたっては、交通、公害等防止に対し格段の配慮する。
『嵐山町報道』210号 1971年(昭和46)1月25日

 

地産団地の造成 5 1971年

地産団地の造成

13
18-566

14
18-567

15
18-568
1971年(昭和46)1月24日撮影

地産団地の造成 4 1971年

地産団地の造成

10
18-565

11
18-564

12
18-563
1971年(昭和46)1月24日撮影

地産団地の造成 3 1971年

地産団地の造成

7
18-560

8
18-561

9
18-562
1971年(昭和46)1月24日撮影

LINKS
記事検索
最新コメント
最新記事(画像付)
Categories
GO! GO! 嵐山
GO! GO! 嵐山 2
GO!GO!嵐山 4
里やまのくらしを記録する会
嵐山石造物調査会
武谷敏子の自分史ノート
嵐山町の古文書を読む会