GO! GO! 嵐山 3

嵐山ふるさと塾・チーム嵐山

比企郡川島町地域

空から見た川島町 42 三保谷地区 2011年5月

三保谷地区
P1200266webword
2011年5月5日 内田泰永さん撮影

A:鈴木農場(牛ケ谷戸・旧八ツ保村)
B:宮原神社、C:高津紙業、D:吉原集会所(吉原・旧三保谷村)
E:上狢集落センター(上狢・旧三保谷村)
F:宮前集落センター、G:川島屋川島工場(宮前・旧三保谷村)
H:JA埼玉中央三保谷支店、I:川島三保谷郵便局(紫竹・旧三保谷村)
J:川島町立三保谷小学校、K:川島町立川島中学校、L:白井沼(白井沼・旧三保谷村)
M:川島町役場(平沼・旧三保谷村)
N:JA埼玉中央川島カントリーエレベーター(上八ツ林・旧八ツ保村)
O:川島町民体育館、P:平成の森公園(下八ツ林・旧八ツ保村)
Q:平成の森・川島病院(畑中・旧八ツ保村)
R:関東総合輸送川越支社、S:ノハラ、T:宮脇鋼管東日本パイプセンター、U:札内工業、V:松屋フーズ川島総合物流センター(建設中)(かわじま1)
W:プロロジス、X:コスモフーズ、Y:総合物流トータルパック、Z:敷島製パンパスコ埼玉工場(かわじま2)
a:川島町立西中学校(中山・旧中山村)
b:ベイシア電器、c:ベイシアフードセンター(上伊草・旧伊草村)
d:首都圏中央連絡自動車道川島インターチェンジ
e:飯島排水路
f:階段橋、g:西脇橋、h:与平橋、i:西浦橋、j:新橋、k:浮沼橋、l:協和橋、m:145号橋、n:行人橋(ぎょうにんばし)(安藤川)
o:埼玉県中央防災基地、p:釘無揚水機場、q:釘無ファームポンド(上狢・旧三保谷村)

空から見た川島町 39 八ツ保・三保谷地区 2011年5月

八ツ保・三保谷地区
P1200307webword
2011年5月5日 内田泰永さん撮影

A:首都圏中央連絡自動車道
B:太郎右衛門橋(荒川)
C:桶川市総合運動場、D:ホンダエアポート、E:桶川スポーツランド(桶川市川田谷)サーキット
F:出丸用水
G:南向院(川島町三保谷宿・旧八ツ保村)
H:諏訪神社、I:牛ケ谷戸集落センター、J:鈴木農場(牛ケ谷戸・旧八ツ保村)
K:大日堂集落センター、L:社会福祉法人永樂会・特別養護老人ホームひまわり(2008年〜)、M:山ケ谷戸集落センター、N:報恩寺(山ケ谷戸・旧八ツ保村)
O:社会福祉法人永樂会・特別養護老人ホーム永樂園(1983年〜)(表・旧三保谷村)
P:広徳寺(真言宗豊山派)・大御堂・農民具憩処(表・旧三保谷村)
※広徳寺大御堂(川島町表76、国指定重要文化財・建造物、1938年指定):「大御堂」とは、浄土信仰の盛んな平安末期から鎌倉期にかけての阿弥陀堂のこと で、廣徳寺の大御堂は13世紀の初め尼将軍北条政子が美尾屋十郎廣徳の菩提を弔うため、美尾屋氏の館跡に建立したものと伝えられています。/建物はその後再興されたもので、室町時代の初期ないし中期ごろといわれています。/方三間の寄棟造、茅葺で関東地方らしい風格を帯びた堂姿を示す数少ない唐様建築です。(川島町HPより引用)
Q:熊野神社、R:稲荷神社、S:養竹院(臨済宗円覚寺派)・千手観世音、T:表集落センター、U:大東ハウス埼玉営業所(表・旧三保谷村)
V:高津紙業、W:吉原集会所(吉原・旧三保谷村)

空から見た川島町 3(更新) 圏央道川島インター 2009年10月

圏央道川島インターチェンジ
P1000553webword
2009年10月22日 内田泰永さん撮影

P1060175webword
2010年9月10日 内田泰永さん撮影

川島町中山(なかやま)
上伊草(かみいぐさ)、平沼(ひらぬま)

空から見た川島町 19(更新) 川島インター産業団地 2010年5月





三保谷、伊草地区
CIMG0330webeord
中山地区

2010年5月22日 内田泰永さん撮影

A:日之出水道機器埼玉工場(吹塚)
B:関東総合輸送、C:NOHARA、D:圏央道川島インター料金所、E:トータルパック川島物流センター(建設中)、F:敷島製パン パスコ埼玉工場(2009年6月操業開始)、G:西中学校
H:プロロジスパーク川島(工事中)
P1060165webword
※2010年9月10日 内田泰永さん撮影

DSC03181web
※2010年10月1日撮影

I:久保集落センター、J:川島郵便局、K:とねがわ幼稚園、L:伏木集会所、M:善能寺(真言宗智山派)、N:宮本集落センター、O:氷川神社、P:中郭集会所、Q:金剛寺(真言宗智山派)(中山)
R:三井精機工業川島工場(八幡6)
S:白金工業埼玉工場(坂戸市小沼)
T:ゼオンポリミクス川越工場、U:出丸揚水機場、V:久保公民館(上井草)
W:カインズスーパーモール川島(2006年12月開店)(上井草)
 カインズモール:「商圏にあわせてスーパーホームセンターとスーパーセンターを展開」/カインズは、◆売場面積10,000平方メートル以上のスーパーホームセンター/◆ホームセンターと食品スーパーを一体化したスーパーセンター/を商圏にあわせて出店しています。/さらに、ホームセンターの複合形としてカインズモールを開発。カインズのスーパーホームセンターとベイシアのフードセンター、またはスーパーセンターを核店舗として、グループのベイシア電器やオートアールズ、さらにフードサービスなどの専門店を集積した大型ショッピングセンターを形成しています。/このような業態を重点エリアに集中出店することで、地域でのシェア拡大、店舗運営・物流の効率化を図っています。(カインズHPより引用)

X:伊草小学校(伊草)
Y:落合橋、Z:道場橋、a:出丸堰、b:八幡橋(越辺川)
c:国道254号

空から見た川島町 18(更新) 中山地区 2010年5月

中山地区
CIMG0338webword
2010年5月22日 内田泰永さん撮影

A:友田橋、B:天神橋、C:根岸橋、D:新江川橋、E:古凍橋(新江川)
F:吉祥寺(天台宗)(東松山市古凍)
G:正直集落センター、H:日枝神社(川島町正直)(しょうじき)
I:氷川神社、J:北戸守集会所、K:超福寺(天台宗)(戸守)

CIMG0337webword
2010年5月22日 内田泰永さん撮影
L:ベルーナ川島流通システムセンター、M:鈴茂器工東京工場、N:トーチクハム埼玉工場、O:イーデーエムテクノセンター、P:南戸守集会所、Q:鉄骨屋(戸守)
R:中山揚水機場
DSC02508web

S:八幡神社、T:吹塚浄水場、U:吹塚新田集会所(吹塚)
V:中山公民館、W:中山小学校、X:延命寺(真言宗智山派)(中山)
Y:正福寺(真言宗智山派)Z:南園部公会堂(南園部)
a:埼玉県道212号岩殿南戸守線、b:埼玉県道74号日高川島線
c:川島八幡団地集会所(八幡3)

CIMG0339webword
2010年5月22日 内田泰永さん撮影
d:八幡緑地公園、e:島村工業機材センター坂戸営業所、f:諏訪神社、g:赤尾下組集会所、h:赤尾中央集会所、i:神山彦神社、j:成就院(曹洞宗)、k:白山神社(坂戸市赤尾)
l:天神橋
m:越辺川水管橋
DSC02511web
     2010年7月20日 左岸上流から撮影

n:中山堰(→中山用水)
DSC02513web
     2010年7月20日 左岸下流から撮影


o:赤尾落合橋(越辺川)
p:長楽落合橋、q:早俣橋(都幾川)
r:正代運動広場(東松山市正代)
s:高坂浄化センター(宮鼻)

空から見た川島町 15(更新) 飯盛川樋門、白鳥飛来地 2010年5月

飯盛川樋門
CIMG0343webword
2010年5月22日 内田泰永さん撮影

八幡団地先 越辺川河川敷

P1070149webword
2010年3月14日 内田泰永さん撮影
(画像を拡大して水面の白点が白鳥)

A:坂戸市東清掃センター(坂戸市赤尾)
DSC02526web
     2010年7月20日 越辺川左岸より撮影

B:飯盛川(いいもりがわ)
C:飯盛川排水機場
「近年では、流域の宅地化による雨水の流出量が増大で、床上浸水被害が発生している。当事務所管内においても、平成11年の豪雨により、一級河川飯盛川が氾濫し、坂戸市大字小沼地内で123戸の住宅の床上浸水被害が発生したため、平成13年度から排水機場を建設を開始し、平成17年6月に供用開始しました。」(県土整備部飯能県土整備事務所河川砂防担当)
飯盛川排水機場概要(同上HP)

D:飯盛川樋門(坂戸市小沼)
DSC02538web
「水害常襲地帯として知られていた入間川沿いの坂戸市一帯は、入間川、越辺川、小畔川が昭和17年に国の直轄河川に組み込まれて以来、河川改修が進められていたものの、平成11年8月の大雨により深刻な浸水被害に見舞われました。これを契機に、越辺川から飯盛川への逆流を防止する飯盛川樋門の建設され、平成14(2002)年2月に完成しました。」(国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所HP)
※「樋門」と「樋管」
「「樋門と樋管(または圦樋)」の区別は定かではなく、目安として概ね2m以上の高さのものを「樋門」、それ以下を「樋管」と呼んでいます。水門と同様、河川の合流点に設置しますが、水門と大きく異なるのは堤防をくり抜いて造られるということです。また、その構造からも舟運には適しません。/洪水時はゲートを閉めて堤防と同じ働きをし、本川からの逆流を防ぎます。普段は支川の排水と、農業用水などの取水を行うものもあります。」(同上)

E:八幡団地、F:八幡運動公園
G:吹塚排水樋管
DSC02533web

H:八幡排水機場
I:共同印刷川島工場
J:三井精機工業川島工場
  (同社HPの「白鳥飛来情報」)、川島町HP
  空から見た川島町6
K:老人福祉センターことぶき荘、L:JAいるま野カントリーエレベーター(坂戸市赤尾)

空から見た川島町 32 八幡橋 2010年6月

八幡橋、出丸堰(越辺川)
CIMG0836webword
2010年6月20日 内田泰永さん撮影

A:八幡橋、B:出丸堰
DSC02541web
 2010年7月20日 左岸上流から撮影

DSC02542web
2010年7月20日 左岸下流から撮影

DSC02543web
2010年7月20日撮影

※参照:『きまぐれ旅写真館』さんの「越辺川 八幡橋の周辺

C:ネオシステクニカルセンター(坂戸市小沼)
D:出丸揚水機場(出丸用水へ)(上伊草)
DSC02544web

E:西中学校(中山)
F:川島インターチェンジ(首都圏中央連絡自動車道)(料金徴収所:中山)

※八幡の渡し
 八幡の渡しは、入間郡小沼村(現坂戸市)から比企郡中山町(現川島町)へ通ずる渡しであった。ここは川島往還の起点とされ、『三芳野村郷土誌稿』には次のように記されている。
   三芳野村大字小沼ノ東方字論所牛ヶ渕ノ俚俗八幡橋ヲ起点トシテ
   大字ノ中央ヲ斜ニ貫キ字田島熊野ノ間ヲ過ギ大字青木ニ入リ鎌倉
   街道ニ合シ……
 渡しはかって字簗瀬にあったが、明治年間に現在地へ移った。それについては、「越辺川八幡渡ハ今ハ対岸中山村ニ於テ里道ヲ廃滅シタル為位置ヲ数町ノ上流ニ替タリ」(『三芳野村郷土誌稿』)という記載があり、渡し場が移動するに至った事情を物語っている。
 現在は木製の冠水橋(八幡橋)が架かり、そのすぐ下流には堰が設けられている。【埼玉県政情報資料室『歴史の道調査報告書 第九集 入間川の水運』(1988年4月)41頁から引用】

空から見た川島町 31 道場橋 2010年6月

道場橋(越辺川)
CIMG0846webword
2010年6月20日 内田泰永さん撮影

A:道場橋、B:落合橋(越辺川)
C:昭和樋管
DSC02380web

D:昭和揚水機場(川島町伊草)
DSC02378web

E:大川堤遺跡の碑(坂戸市横沼)
DSC02384web

大川平三郎マップ(大川平三郎記念公園掲示より)
DSC02478web
※大川平三郎については「空から見た坂戸市 21」参照。
※道場の渡し
 道場の渡しは、比企郡上伊草村(現川島町)と入間郡横沼村(現坂戸市)を結ぶ渡船場であった。『武蔵国郡村誌』横沼村の項には、「村の東方越辺川の下流にあり渡船一艘私渡」とある。現在の県道「上伊草坂戸線」【埼玉県道269号】の道場橋【1981年竣功】上流約一〇〇メートルのところに欅の老木があり、ここがむかしの渡し跡といわれている。この渡しは県の東西を結ぶ交通路として機能していた。このことは「北足立郡桶川町ヨリ比企郡伊草村ヲ経テ入間郡坂戸町ヲ過キ仝郡越生町ニ達スル要路ニシテ一ニ桶川街道トモ称ス」(三芳野村郷土誌稿)という記録からもうかがうことができる。
 道場の渡しという名称は、江戸の末頃、横沼村に神道無念流大川平兵衛英勝の道場(門弟約三〇〇〇人)があったことによるといわれる。すなわち、川越藩領の門下生が道場に通うためにここを利用し、また、川越藩の剣道指南役であった大川氏が川越の通町にも道場を構え、そこの出げい古の折にこの渡しを通ったことに由来すると伝えられている。この渡しはかなりの運賃がかかり、利用者に不便をかけたという。かっては坂戸の住吉神社やお釈迦様(永源寺)、川島の潮音寺、子育観音【子育観音(潮音寺)】など両岸から参詣に行くために道場の渡しを利用する人々も少なくなかった。
 大正の初め頃川上の天神に橋がかかると、こちらにも橋をかけようという気運が高まった。そして伊草と中山、横沼と青木から代表者が出て、架橋に伴う募金を始めたところ、すぐに集まり、橋ができた。杭をうってハリを通し、その上へ板を並べた簡単な木橋であった。板には一枚一枚桟を打ち、そこへロープが通されていた。増水時や舟の通行にあたっては、中央部から両岸へそれぞれ取りはずされるようなしくみで、橋守がそれを開閉した。橋の架設により、利用者は「橋銭」と称す金を納めた。大人五銭、子ども三銭くらいであった。
 その後、河川改修があり、坂戸・伊草間は県道となり、冠水橋が架けられた。そのため、増水しても、水が引けば橋はもとのとおりになったが、たもとを水が洗うため、通行不能となることがあった。
 橋がはずれた際はイタミという舟で渡った。水に流されぬよう、ロープを張り、それに伝わって行った。先導は伊草、横沼とも三人ずつおり、交代であたったが、人数がまとまらないうちは舟を出さなかった。【埼玉県政情報資料室『歴史の道調査報告書 第九集 入間川の水運』(1988年4月)40頁〜41頁から引用】

空から見た川島町 30 戸守、正直 2010年6月

戸守、正直



CIMG0867webword
2010年6月20日 内田泰永さん撮影

A:越辺川
B:ベルーナ川島流通システムセンター、C:氷川神社、D:北戸守集会所(戸守)
E:超福寺(天台宗)(戸守)(聖観音)
   比企西国三十三札所六番 御詠歌
     よもすがら ともりにやどる むらがらす
            せむいのやまに ひゞくこがらし
DSC02346web

F:音羽橋(正直)(長楽用水)
G:六地蔵橋(正直)(長楽用水)
DSC02363web
※音羽橋、六地蔵橋については、『気まぐれ写真館』さんの「石の橋(その6)」を参照
H:日枝神社(正直)
DSC02350web

I:山王樋管(戸守)(長楽用水右岸)
DSC02354web
※山王樋管については、『きまぐれ旅写真館』さんの「山王樋管」を参照

J:正直集落センター(正直)
K:普門寺(天台宗)(正直)【廃仏毀釈により廃寺】
  観音堂(聖観音)
   比企西国三十三札所五番 御詠歌
     たいなさを ひときのまつに たづぬれば
            のりのふたばの しづくのみして
DSC02341web

L:地蔵堂(正直)
DSC02343web

M:根岸沼(東松山市古凍)
N:根岸沼弁天(古凍)
DSC02344web

O:吉祥寺(天台宗)(古凍)
DSC01409web

P:八幡宮(古凍)
DSC01412web

Q:鷹匠橋、R:友田橋、S:天神橋、T:根岸橋、U:新江川橋、V:古凍橋(新江川)
W:天神社(古凍)
DSC01417web

X:根岸集会所、Y:大和ガルバー(古凍)
Z:和志山変電所、a:鷺神社、b:今泉老人憩の家、c:シロックス東京物流東松山センター(東松山市今泉)
d:国道254号

空から見た川島町 29 正直、北園部 2010年6月

正直(しょうじき)
CIMG0858webword
北園部(きたそのべ)

2010年6月20日 内田泰永さん撮影

A:日枝神社、B:東上運輸埼玉支店、C:ファミリーマート川島正直店、D:福山通運川越営業所(正直)
E:国道254号
F:潮音寺(真言宗智山派)(正直)
  観音堂・子育て観音(聖観音)
   比企西国三十三札所七番 御詠歌
     そのきしに あらねどこゝに てうおんじ
            ねがへはおなじ ふだらくのみち
DSC02146web

DSC02138web

DSC02139web

G:関東西濃運輸東松山支店、H:メールハウス川島センター(北園部)
I:福寿院(真言宗智山派)(北園部)
DSC02369web

J:医音寺(真言宗智山派)(北園部)
DSC02314web

K:北園部集落センター(北園部)
L:川島こども動物自然公園自転車道
M:梅ノ木古凍揚水機場(東松山市古凍)
N:梅ノ木古凍貯水池
O:八ツ保樋管(長楽用水)(ながらくようすい)
DSC02320web

P:小見野門樋(長楽用水)
DSC02150web

Q:小見野門樋下流で松永用水(R)、谷中用水(S)、鳥羽井用水(T)へ
DSC02148webword

※長楽用水については、『きまぐれ旅写真館』さんの「長楽用水 その2」を参照。

空から見た川島町 28 伊草地区(追加) 2010年6月


2010年6月20日 内田泰永さん撮影

CIMG0537webword
2010年5月30日 内田泰永さん撮影

CIMG0533webword
2010年5月30日 内田泰永さん撮影

CIMG0847webword
2010年6月20日 内田泰永さん撮影


下伊草、伊草、上井草

CIMG0538webword
2010年5月30日 内田泰永さん撮影

A:伊草の渡し・伊草河岸跡解説:「江戸時代以前、越辺川と入間川はこのあたりで合流していたので落合といわれた。ここに渡し舟があって、伊草の渡し・落合の渡しなどといわれた。戦国時代には鎌倉〜江戸〜川越〜松山〜上州が重要な道であったあら、この渡し場はその線上にあって要衝(ようしょう)の地となり、伊草には宿が形成され、一・七の定期市が開かれた。江戸時代、庶民の生活が活発になると、この渡し場は一層栄えた。雨季を除き乾季となり水量が安定すると、人馬の通れる程の簡単な木橋が架設された。/江戸時代中期以降になり商品流通が盛んになると、商品の取引き・年貢米の輸送などで入間川も舟運が行われるようになり、ここにも河岸場ができた。当時、新河岸川が舟運で栄えていたが、それを脅かすというので訴訟も起きた。ここの伊草河岸には富士見屋という河岸問屋があり、昭和の初めごろまで舟を扱った。川を下る荷は江戸の下肥やわただるなど肥料・塩・雑貨などがおおかった。」【1984年3月 川島町教育委員会の掲示】
B:東福院(真言宗智山派)、C:下伊草会館、D:美幸堂、E:幸立化成工業(下伊草)
F:川島南中継ポンプ場
G:善性寺薬師十王堂
DSC02201web

H:啓仁会川島クリニック、I:伊草小学校、J:伊草コミュニティセンター、K:伊草公民館
L:大聖寺(真言宗智山派)
M:伊草神社
DSC02091web

DSC02095web
N:昭和揚水機場(伊草)
O:笛木醤油、P:伊草小堤外運動場(上伊草)
Q:埼玉県道269号上伊草坂戸線、R:埼玉県道76号鴻巣川島線(終点:落合橋北詰交差点)
S:国道254号線
T:道場橋、U:落合橋(越辺川)
V:朝日航洋川越整備点検所(川越市平塚)
W:小畦の里クリーンセンター(川越市平塚新田)
X:大谷川樋門
Y:大谷川雨水ポンプ場、Z:サツキクリーンセンター(坂戸市紺屋)

空から見た川島町 12 越辺川・落合橋(更新) 2010年6月

川島町伊草、落合橋
P1030216webword
2009年12月30日 内田泰永さん撮影


入間川、小畦川
CIMG0848webword
2010年6月20日 内田泰永さん撮影

P1030209webword
2009年12月30日 内田泰永さん撮影

大谷川、越辺川


A:大谷川樋門、B:大谷川雨水ポンプ場、C:サツキクリーンセンター、D:農業組合法人坂戸市東部米麦作組合(坂戸市紺屋)
E:朝日航洋メンテナンスセンター(川越市平塚)
F:小畔の里クリーンセンター、G:川越コンクリート工業、H:社会福祉法人けやきの郷初雁の家、I:社会福祉法人けやきの郷ワークセンターけやき(川越市平塚新田)
J:入間川、K:小畔川、L:大谷川、M:角泉堰
 参照:空から見た川島町11 師走の川島町

空から見た川島町 27 小見野地区 2010年5月

下小見野、上小見野
CIMG0498webword

CIMG0504webword
2010年5月30日 内田泰永さん撮影

A:徒歩橋(市野川、埼玉県道76号鴻巣川島線)
B:小見野小学校(谷中)
C:富貴ゴルフ倶楽部(吉見町前河内)
D:氷川神社、中組集会所
DSC02002web

E:法鈴寺(真言宗智山派)、F:大辻集落センター(下小見野)
G:上北集落センター(下小見野)
H:上南集会所
I:光善寺(真言宗智山派)
DSC02010web

J:安楽寺(曹洞宗)
DSC02006web

K:愛宕浄水場、L:川島バルブステーション(上小見野)
M:梅ノ木古凍貯水池(川島町梅ノ木、東松山市古凍)
N:梅ノ木古凍揚水機場(東松山市古凍)
O:市野川大橋(大里比企広域営農集団農道)、P:愛宕橋(市野川)
Q:川島こども動物自然公園自転車道

空から見た川島町 26 小見野地区 2010年5月

松永、加胡(かご)、下小見野
CIMG0497webword
2010年5月30日 内田泰永さん撮影

A:荒子下公民館(吉見町荒子)
B:善長寺
C:徒歩橋(市野川)
D:埼玉県道76号鴻巣川島線
E:松永稲荷神社
DSC02155web
F:八枝神社(やえだ)
DSC02162web
G:薬師堂(下小見野)(しもおみの)
H:大安寺(曹洞宗)(松永)(まつなが)
DSC01990web

I:友一集会所(ゆういち)、J:友二集落センター(ゆうに)(下小見野)
K:氷川神社、中組集会所(下小見野)

空から見た川島町 25 小見野地区 2010年5月

小見野小学校
CIMG0507webword
2010年5月30日 内田泰永さん撮影

A:小見野小学校、B:小見野公民館、C:JA埼玉中央小見野支店
D:諏訪神社
DSC02088web

E:谷中大日堂共同墓地(谷中)
DSC02086web

F:埼玉県道76号鴻巣川島線
LINKS
記事検索
最新コメント
最新記事(画像付)
Categories
GO! GO! 嵐山
GO! GO! 嵐山 2
GO!GO!嵐山 4
里やまのくらしを記録する会
嵐山石造物調査会
武谷敏子の自分史ノート
嵐山町の古文書を読む会